• TOP
  • 芸能
  • 真矢ミキ「タートルネックと心の温活」について語る

芸能

2017.12.19 07:00  女性セブン

真矢ミキ「タートルネックと心の温活」について語る

真矢ミキが語るタートルネックと心の温活

 情報番組『ビビット』(TBS系)のMCなどを務める元宝塚のトップスター真矢ミキさんが、『タートルネックと心の温活』について語った。

 * * *
“冬”といえば。私の装いはもっぱらタートルネック。首元を温める、私なりの“温活”でもあるのだ。

 先日クローゼットの衣替えをしたら、お出かけ用、普段着用と実に多彩なタートルネックが20枚以上もある事に改めて気が付いた。カジュアル以上フォーマル未満の装いと言いますか…なんか、懐かしの友達以上恋人未満を思い出した(笑い)。

 そう、タートルは絶妙のバランスの持ち主なのだ。時代、流行に関係なく、いつだって着られちゃう服ランキングがあれば毎年堂々のランクイン。もしかしたら殿堂入りだ。

 特に黒のタートルは70年代のモードなパリジャンを彷彿…黒以外では、深いボルドーとか青みがかったグリーン、バーガンディ(レンガ色)と、どことなくヨーロッパを感じる、原色よりもう一捻りある色合いのものが好き。そして出来れば、なるべく自分で洗えるものを選ぶようにしている。

“洗えます”なんて表示も最近多く、便利な世の中になったものだなぁとしみじみ。洗濯機の“クリーニングコース”でゆる~く洗って、ひら干しをする。冬の日常の一コマだ。

 タートルにジーンズで冬を過ごし、Tシャツにジーンズで夏を過ごす…20代からの私のファッションレギュラーメンバーだ。いやMVPだ! 実にシンプルな組み合わせ。なのに、家のクローゼットは生きてきた分たまってきた洋服の数、数、数。

 かつてドラマの撮影で名古屋のマンスリーマンションに4か月くらい滞在していたとき、洋服はインナーやデニムやパンツ、羽織りものなど、上下各5枚程度だけで出発した。何故ならお借りするワンルームのクローゼットが幅1mにも満たないから。足りなくなれば、その土地で買えばいいか、と忙しさを理由に物が増える思考…。あぁ…これだ。

 しかし、結果、4か月それで何の不自由もなく、むしろ十分で過ごした。数が少ないから、コーディネートを考える事も少なく、急ぎの朝などは特にスムーズに運ぶ。普段、家では何年も着ていない洋服達が責めるように「出番なし」とハンガーにぶら下がり私の朝の時間を割いていた。

 …結局、東京から(自分のクローゼットから)離れてはじめて、私はそこまで洋服を必要としていないのだと気付いた次第。クローゼットの中の服が増えるのは、テイスト違いの服を着る自分への期待枚数? 又は、今年の流行りを着た自分を、チョイと見たいからではないのか。…なんて自己分析している。

関連記事

トピックス