• TOP
  • スポーツ
  • 澤村、大竹、杉内、山口…崖っぷちGベテラン勢の孤独な調整

スポーツ

2018.01.19 07:00  週刊ポスト

澤村、大竹、杉内、山口…崖っぷちGベテラン勢の孤独な調整

来季はV奪回なるか

 巨人において“最大派閥”を率いていたのも今や昔。ひとりぼっちで自主トレに臨んでいるのは阿部慎之助(38)ばかりではない。巨人投手陣でも、崖っぷちのベテラン勢は“孤独な調整”となっている。

「昨季一軍登板ゼロの澤村拓一(29)は、同じハワイで自主トレしながら、チーム菅野(智之)には合流してない。また、『内海組』を離れた大竹寛(34)と西村健太朗(32)は、長嶋茂雄さんが山籠もりしたという静岡・伊豆の温泉宿を拠点にして調整する予定だ。

 2015年に股関節の手術をして以来一軍登録のない杉内俊哉(37)も、ソフトバンク時代から続ける鹿児島・薩摩川内で自主トレを敢行。2016年ドラ6の高卒ルーキー左腕・大江竜聖(19)を伴っている」(前出・巨人番記者)

 登板4試合で1勝1敗と振るわず、飲酒トラブルで球団から長期間出場停止処分を受けた山口俊(30)は、まだ「反省モード」(同前)だという。

「シーズン中に十分休んだことで、退団したマイコラスの穴を埋める役割を秘かに期待されている。これまで海外で自主トレを続けてきたが、今年は一転、鳥取の施設でひっそりと1人で取り組んでいる」(同前)

※週刊ポスト2018年1月26日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス