• TOP
  • 国内
  • 31才男、不倫相手の51才女性を殺害するまでのドロドロ

国内

2018.01.20 16:00  女性セブン

31才男、不倫相手の51才女性を殺害するまでのドロドロ

51才女性が不倫相手にラブホテルで殺害されるまで(写真はイメージ)

 週末の深夜ともなれば、愛を確かめ合うために訪れるカップルで満室になる人気のラブホテル。館内にはハイビスカスを模したハワイアングッズが飾られ、まるで高級リゾートのようなラグジュアリーな気分を味わえる。

 昨年11月19日、千葉県船橋市にある、このラブホテルの一室から服を着たまま、仰向けになって亡くなっている50代の女性が発見された。着衣に乱れはなかったが、遺体の首には絞められたような痕が残っていた。

 翌20日、千葉県警は殺人の疑いで習志野市に住む無職・安垣瑠威被告(31才)を逮捕した。「首を絞めて殺した」と容疑を認めている。

 被害女性・A子さん(51才)と安垣被告は1年以上にわたり、不倫関係を続けていたという。20才を超える年の差カップルの間に一体何が起きたのだろうか。

 事件現場から車で約15分。千葉県市川市内の豪邸が立ち並ぶお屋敷街に、赤レンガと白い壁が特徴的な2階建てのマンションが建つ。A子さんは、ここでリフォーム会社を営む夫と長男、義母の4人で暮らしていた。また彼女には独立して家を出た長女もいる。

 近隣の住民は驚きを隠せない様子でこう話す。

「A子さん夫婦はどこにでもいる50代夫婦という感じで、夫婦げんかなんて一切聞いたことがありません。彼女は小柄で、昔から口紅もつけたところを見たことがないくらい、化粧っけのない控えめなかた。自分から他人に話しかけることもほとんどなく、こっちから“A子さん”と声をかけると、ようやく顔を上げて挨拶を返してくれるような、内向的な女性でした。正直、旦那さん以外の男性と関係を持って、その上、殺されてしまうなんて、まったく想像がつきません」

 町内会の行事などにも参加せず、ママ友たちと連れ立って、近所の飲食店やカラオケ店に遊びに行くこともなかったというA子さん。人づきあいに対して決して積極的ではなかった彼女が、なぜ殺人事件の被害者となってしまったのか──。

◆お母さんが変なつきあいをしている

 A子さんと安垣被告が出会ったのは2016年秋のこと。たまたま居合わせた飲食店で意気投合し、交際へ発展したという。2人は独身の安垣被告が暮らす習志野市内のアパートなどで逢瀬を重ねた。2人をよく見かけたという近隣住民が話す。

「いつもアパートから一緒に出てきて、男性の運転する車で出かけて行く。女性はずいぶん年上のようだけど、体を密着させるように並んで歩いていて、親子のようにはとても見えませんでした」

 A子さんは人知れず安垣被告との関係を深めていったが、出会いから1年ほど経った頃、状況は一転する。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス