• TOP
  • ライフ
  • ハイスペ男性の前で「私、育ちいいんで」とのたまったお嬢様

ライフ

2018.02.17 16:00  NEWSポストセブン

ハイスペ男性の前で「私、育ちいいんで」とのたまったお嬢様

港区女子の間で伝説になった3人組とは

「港区」では夜な夜な、実業家や外資系金融勤務、医者や弁護士といった“ハイスペック男性”と、それをつかまえようとする「港区女子」たちがキラキラした飲み会を繰り広げている。女性たちはモデルだったり、タレントの卵だったり、いわゆる“お嬢様”だったりするのだが……「中には勘違いお嬢様が混じってくる」という。現役港区女子でコラムニストの吉川リサコ氏によるリポートだ。

 * * *
 ハイスペ男との“港区飲み会”では、「女が男を選ぶ」という構図は珍しい。男に選ばれなければ、選ぶ立場は用意されていないのである。一方で、一流のハイスペ男は、飲み会相手がどんなブスであっても「いい女」と思わせてくれる、エンターテイナーの鑑でもある。今回は、そんなハイスペでさえも溜息をつく「勘違い女」を紹介しよう。

 彼女たちは小学校から付属の女子校に通う、いわゆるお嬢様校出の女子大生3人組である。実家は裕福で、卒業旅行はミラノ、パリ。旅費以外に親から100万円のお小遣いをもらって遊んだ女もいる。そう、彼女たちには自負がある。「わたし、育ちいいんです」。

 卒業目前。彼女たちは親のコネで、大手商社やメーカーの子会社、病院の事務などに就職予定だった。が、口癖は「はー、永久就職したい!」。

「うちらってさ、育ちいいじゃん? だから、ある程度稼ぐ人じゃないとダメなんだよね。年収1000万とかじゃ無理だよね。うちのパパみたいな人いないかなー」

「うちママが厳しいから、真面目な話、家柄よくないと許してくれないと思う」

 そんなことを言う。人並みにマツエクやネイル、流行の髪型やメイクにブランドの洋服を身につけているものの、言葉からは無教養が溢れ出る。客観的に見て、顔面は中の下だろうか。

 そんな彼女たちに、ビッグチャンスがやってきた。40代の経営者が集まるハイスペ食事会に誘われたのである。しかしその場で彼女たちは、彼らを前にしてこんな発言をした。

「このドリンク、3種類とも飲んでみたい~。全部頼みますね。あと、先にこのデザート食べたいですぅ」

 父親と食事するときのように言ったのだろう。幹事の男性は「まずは1杯でいいんじゃない?」と言った。

「え? ダメなんですか? 年上ですよね? お金持ちなんですよね?」
「私たち、育ちいいんです。カップラーメンとか食べたことないし」
「わかる、そういう不健康なものは禁止されてるんだよね~」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス