芸能

寺島しのぶ「梨園の女」としての苦しみ 家族への反骨の演技

名門・音羽屋の長女として生まれた寺島しのぶ

 中世日本の女性「出雲阿国」が祖だとされるが、いつの間にか、歌舞伎の舞台から女性は姿を消す。いくら憧れても、芸を磨いても、現代の歌舞伎では、女は役者になれない。市川海老蔵(40才)の長女・麗禾ちゃん(6才)は、歌舞伎本公演への出演を果たしたが、女性が舞台に立てるのは子役としてのみ。いつの日か「梨園の女」としての高いハードルが立ちはだかることとなる。

 名門・音羽屋の長女として生まれた寺島しのぶ(45才)は、歌舞伎界の“女人禁制”のしきたりに真っ向からぶつかった。それは、寺島の弟・尾上菊之助(40才)の存在だった。

《弟の菊之助が6歳で初舞台を踏んだ。すると、晴れやかな歌舞伎の世界を歩み始めた弟と父、母の、私を除いた家族3人で、頻繁に歌舞伎の話をするようになって。

 そんな時間は、孤立感が込み上げてきて、ひとり自分の部屋に閉じこもっていました》(『YomiuriWeekly』2003年3月2日号)

 幼少の寺島は、父・尾上菊五郎と同じ舞台に立つことを夢見ていた。だが、成長するにつれ、それが実現不可能な夢であると自覚し、憧れは怨嗟へと変わっていく。

「放課後を友人の家で過ごし、そこで宿題をし、夕飯を食べる。家には寝に帰るだけという生活を続けた時期もあったそうです。それでも演技の道を諦めきれず、映画で体当たりのラブシーンを演じて女優としての地位を築き上げました。実は、母・富司純子からは、“裸になったらお嫁にいけないから絶対やめなさい”と猛反対されていたそうです。それを押し切ったのは、歌舞伎を中心に回る家族への反骨もあったんじゃないでしょうか」(芸能関係者)

 現在は日本舞踊の名取として活躍する市川海老蔵の妹・ぼたん(38才)は、名門に生まれたが故に目指すべき場所を見つけられず、もがいた。

《歌舞伎役者の娘さんで自分も役者になりたかったという人がいるけど、私はそういう願望はなかった》(『週刊朝日』2006年6月30日号)

 父・團十郎さんとの対談で、ぼたんは過去の心境をそう吐露していた。

「幼少から踊りに三味線に長唄の稽古に通いながら、ぼたんさんはいまいち身が入らない時期が続いたんです。稽古を黙って休むことも頻繁にあったそうで、團十郎さんから舞台出演を打診されたときには、“いやだ!”と拒絶して家出したそうです。結局、明確に進路を決めたのは、梨園の女としてはだいぶ遅い成人後の大学3年生のときでした」(歌舞伎関係者)

※女性セブン2018年3月1日号

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン