スポーツ

カーリング美女・藤沢五月はホントに韓国で人気なのか?

韓国でも確かに人気(撮影:竹田氏)

 史上初の決勝トーナメント進出という快挙を成し遂げた日本女子カーリング。プレー中の笑顔がかわいいと話題になっているが、中でもスキップ・藤沢五月については「韓国でも人気沸騰」と報じられている。本当なのか。カーリング取材歴9年で、平昌五輪現地を取材した竹田聡一郎氏がリポートする。

 * * *
 女子カーリングはラウンドロビン(総当たりの予選)が終了し、いよいよ準決勝が始まる。

 日本代表のロコ・ソラーレ北見は史上初のクオリファイ(決勝トーナメント進出)を果たす快進撃。試合内容のほかにも、「おやつタイム」に「そだねー」という道産子の方言など、話題にこと欠かない。

 カーリングに関する報道が数多ある中で、“韓国内でスキップの藤沢五月が可愛いと話題になっている”という記事が複数出ている。

「カーリング藤沢五月、韓国で検索上位 笑顔が非スポ根?」(朝日新聞デジタル、2月20日)
「カーリング藤沢五月が韓国女優似とネットで急上昇」(日刊スポーツ、2月20日)
「カーリング女子、藤沢五月『男心を撃つ10大美女』に 氷も溶かす韓国メディアの“ラブコール”」(産経ニュース、2月20日)

 など、複数の媒体が伝えている。日刊スポーツの書いた韓国女優とは、2008年の映画『過速スキャンダル』の主演でブレイクしたパク・ボヨン(28歳)だ。明るく「チョンスンハンウェモ」(清純な外見)が共通しているらしい。

 朝日が書いたように、実際に韓国の大手検索サイトNAVERで「日本 カーリング」と入力すると、検索ボックスには検索予測候補のキーワードで「藤沢五月」が浮かぶ。まとめや個人ブログなどが多く、プロフィールなどの基本情報がほとんどだが、ラウンドロビンで韓国に勝ったこと、カーリングの技術が高いこと、お父さんの影響でカーリングを始めたことなどが記されている。

 しかし、その人気はネット民だけではないのか。本当にフィーバー中なのか、ソウルの街で若者に聞いてみることにした。

 まずはガイドをしているキム・チソン君(26歳)だ。日本語が上手だ。

「カーリングは初めて見ましたけど、面白いです。藤沢選手はよく笑う可愛い子ですね。みんな言ってますよ。さすがに韓国にはもう勝って欲しくないですけど、頑張ってほしい」

 愛国心には勝てないようだが、いい印象を持っていることは間違いない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン