• TOP
  • ライフ
  • 「今治焼豚玉子飯」 専用タレ存在の地元民ソウルフード

ライフ

2018.04.03 16:00  週刊ポスト

「今治焼豚玉子飯」 専用タレ存在の地元民ソウルフード

「今治焼豚玉子飯」は地元民のソウルフード


 写真の「今治焼豚玉子飯」は、約50年前に中華料理店「五番閣」で賄い料理として出されていた。コッテリしたバラ肉とあっさりしたモモ肉に、30年以上つぎ足してきたタレをかけるのが重松飯店流。連日行列のできる繁盛店。

【重松飯店】
住所:愛媛県今治市大正町5-4-47
営業時間:11時45分~14時、18時~21時
休日:月

【プロフィール】たなか・さやか/1996年生まれ。松山大学4年生。特技はダンス。珠算九段の腕前。

撮影■佐藤敏和 文■小野雅彦

※週刊ポスト2018年4月13日号

関連記事

トピックス