• TOP
  • スポーツ
  • 世界のゴルフルール大幅改定 背景に日本の「接待ゴルフ」文化

スポーツ

2018.04.04 11:00  週刊ポスト

世界のゴルフルール大幅改定 背景に日本の「接待ゴルフ」文化

ゴルフのルールが大きく変わる

 パー4の第2打。取引先の部長が5番アイアンで打ったボールは、スライスして右の林に吸い込まれていった……。

「××部長、とりあえず、行ってみましょう!」。そう盛り上げてグリーン周りに進んでみたものの、右サイドのOBは思っていたよりも浅く、ボールは見当たらない──。

 本来なら約170ヤードほど戻って第2打地点で打ち直しだが、後ろの組はすでにティショットを終えている。部長には1ペナか2ペナでその場から打ってもらいたいが“特別救済”を進言するのは気が引けるし、部長がそれで気を悪くしたりしたら……。そんな“接待ゴルフ”に付きものの悩みが、来年からなくなる。

◆「前4」がなくても安心

 3月12日、R&A(英国ゴルフ協会)とUSGA(全米ゴルフ協会)は2019年1月施行の新規則を発表した。

「今回の改定は、2016年全米オープンで優勝したD・ジョンソンが、“グリーン上でアドレスした後にボールが動いていた”としてホールアウト後のビデオ判定で1打罰を科された一件がきっかけとされています。

“ルールがわかりにくい”という批判が大きくなり、故意に球を動かした場合以外は罰が科されないようになるなど、大幅な改定に至った。変更項目を見ると、アマチュアへの影響が大きそうです」(ゴルフ担当記者)

関連記事

トピックス