• TOP
  • ライフ
  • 【関川夏央氏書評】定年後の「きょういく」と「きょうよう」

ライフ

2018.04.05 16:00  週刊ポスト

【関川夏央氏書評】定年後の「きょういく」と「きょうよう」

『定年入門 イキイキしなくちゃダメですか』/高橋秀実・著

【書評】『定年入門 イキイキしなくちゃダメですか』/高橋秀実・著/ポプラ社/1500円+税

【評者】関川夏央(作家)

 公共図書館では「定年後」の男性が列をなして開館を待っている。どっと入館、日経新聞を取り合うトラブルが結構ある。日経は高いから定年後の購読をやめた。それでも現役感を持っていたいから図書館で読む。

 ファミレスにも開店待ちの集団がいる。ドリンクバー付きのモーニングを注文して、新聞・読書・パソコン、昼まで粘る。「時間をつぶす」のにみな懸命なのだ。

 飲み屋街を歩いていて、「昼二時頃から飲めます」という案内に驚いたことがあるが、それどころではない。六駅先までの定期を買って午前中から飲みに通う高齢者がいる。「定期」と「通勤」がポイントなのだ。

「定年後」は「きょういく」と「きょうよう」が大切、とコンサルタントはいう。「今日行くところがある」と「今日用がある」という意味で、おもしろくもない語呂合わせだが、なるほどと思わないでもない。

 とにかく「出かける用事があること」、すなわち「家にいないことができること」が条件なのは、自分のためというより奥さんのためだ。定年後の夫による「リビング(ルーム)ジャック」、夫の家事の「手伝い過ぎ」が奥さんには負担なのだ。女性の更年期障害といわれていたもののかなりの部分が、夫の「存在ストレス」であるようだ。一人では寂しすぎる、二人では鬱陶しすぎる。そのきわどい峰を、高齢者夫婦は慎重に伝い歩くのである。

関連記事

トピックス