国内

美智子さま、雅子さまには自分らしいカラーで活動してと願う

雅子さまに“自分らしいカラーで”と願われる美智子さま

 2019年4月30日、天皇陛下の退位まで残り1年余り。来年5月1日に皇太子さまが即位され、雅子さまは美智子さまから皇后という立場を譲り受けられることになる。雅子さまのお世話をする女官は、今年2月、4月、10月と段階的に増員されるという。そうなれば、雅子さまの活動の幅はさらに広がる。

「ただ、美智子さまはまだ『助走期間』だとお考えになっているようで、雅子さまのあまりに元気なご様子に“無理をしすぎてはいけません”というようなお気持ちだといいます」(宮内庁関係者)

 雅子さまにとって心配なニュースも飛び込んできた。『女性自身』(4月3日発売)が、雅子さまの妹・節子さんが極秘離婚していたことを報じた。

「昨年秋頃に、16年続いた結婚生活にピリオドを打ったそうです。雅子さまの双子の妹・礼子さんと節子さんは、病気療養中の雅子さまのよき相談相手でしたからね。節子さんの離婚は、雅子さまにとってもショックだったに違いありません」(皇室記者)

 この3月、両陛下は11回目となる沖縄訪問を果たされた。

「『国立沖縄戦没者墓苑』に白菊を手向けられるお姿には、先の大戦で激しい地上戦の舞台となった沖縄への両陛下のお気持ちが滲んでいるようでした。各メディアが、両陛下の一挙手一投足を詳細に報じました」(別の皇室記者)

 限られた時間だからこそ、有終の美を飾っていただきたい――そんな思いは、雅子さまも同様のようだ。お二人は3月20日に皇居・桃華楽堂で行われた「音楽大学卒業生演奏会」では、並んで着席され、曲の合間には満面に笑みを浮かべられて談笑されていた。

「雅子さまも皇太子さまも、退位まで、両陛下よりも“目立たない”ことに徹しようとされているようなのです。これまでの集大成を、国民の目に焼きつけていただいてほしいとお考えなのでしょう。

 一方で、美智子さまは“次の皇后”として、今以上に雅子さまに存在感を発揮してほしいとお考えのようです。新皇居を必ず支えるという、不退転の思いがおありになるようです。桃華楽堂での笑顔のやりとりは、美智子さまの心遣いのあらわれでした。ほがらかな表情が、多くの人の目に触れたわけですからね。4月1日には、御所で両陛下と皇太子ご一家の5名で夕食をともにされたそうです」(前出・宮内庁関係者)

 雅子さまにとって、「民間出身の皇后」の先達は美智子さまをおいて他にいらっしゃらない。

「かつて、雅子さまは障害をもつかたとの交流に消極的だと批判されたことがありました。ですが美智子さまは、社会的に弱い立場にある人に心を寄せられてきました。今、雅子さまは美智子さまの歩まれた道を踏襲しようとされています。昨年12月、『障害者週間』の式典で聞いた障害のある弟をもつ小学2年の女子児童の作文に涙され、地方にお出ましになったときに、車椅子の女性の手をそっと握られたこともありました。

 美智子さまはそんな雅子さまに嬉しいお気持ちがある半面、“より自分たちらしいカラーを出して活動してほしい”というお考えもあるようです」(前出・宮内庁関係者)

 今の嫁姑関係ならば、そんなちょっとした「すれ違い」はゆうに乗り越えていかれることだろう。

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2018年4月19日号

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン