ビジネス

最新ビジネス記事のRSS

相続税対策、慌て過ぎて失敗する人が少なくない

2018.04.23 07:00

“長い人生”を想定する以上、まとまった出費はできる限り避けたい。なかでも注意したいのが「相続税」だ。

“長い人生”を想定する以上、まとまった出費はできる限り避けたい。なかでも注意したいのが「相続税」だ。2015年の税制改正で基礎控除が大幅に削られ、一般家庭も課税の対象になった。政府が課税強化を進めていることもあり、正しかったはずの資産防衛策が、「間違った対策」に変わっていることも間々ある。Q&A方式で、最新の「やってはいけない相続対策」をレポートする。

【Q】お金持ちでなくても相続対策が必要と聞きました。何をすべきでしょう?

 元国税調査官で『やってはいけない老後対策』の著書がある大村大次郎氏は「まずは慌てずに、現在の資産でどのくらい相続税がかかるのかを把握すること」と答える。

 大村氏が知る都内に住むA氏のケースはこうだ。妻と子2人の4人家族のA氏は、自分の資産が、相続税がかからないで済む基礎控除(3000万円+600万円×法定相続人の数・3人=4800万円)を少し超えそうだと気づく。「墓は課税資産に入らない」という情報を耳にし、慌てて都心に500万円で墓を購入。ところが、大失敗だった。

「きちんと調べてみると、Aさんの総資産は約5500万円。対策を何もしなくても相続税は家族全体で、70万円程度でした。事前に把握していれば500万円の墓なんて買わなかったでしょう」(大村氏)

 対策のつもりが、支出は400万円以上も増えてしまったのだ。

「課税強化が進んでいると聞いて、こんなふうに慌てて対策して失敗する人が少なくありません」(同前)

本文を読む


マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP