国内

小室圭さん、秋篠宮邸を訪れても眞子さまと会えず門前払い

ブティックから出てきた小室さんは上機嫌だった

 天皇皇后両陛下が4月23日、眞子さまが客員研究員として勤務する 「インターメディアテク」(東京・千代田区)に足を運ばれ、訪日中のスウェーデン国王夫妻と特別展をご覧になった。眞子さまは黒いスーツ姿で挨拶を交わされた。

「眞子さまがお帰りになったのは昼12時ちょうど。お車の後部座席で、スマホで通話されていました。電話の相手は小室圭さんなのかお友達なのか、楽しそうな笑顔を見せられていました」(皇室記者)

 そんな笑顔が、ひとたび秋篠宮邸の門をくぐると、さっと曇ってしまうのが、昨今の眞子さまなのだという。

「ご両親の秋篠宮ご夫妻とのわだかまりが強いようです。特に、結婚の延期を主導された紀子さまに対しては、“一度は結婚を許してくれたのにどうして?”という不信があり、宮邸でお顔を合わせても、ほとんど口をきかない状況です。食事も同じテーブルを囲むことはなく、眞子さまは自室に閉じこもるばかりだといいます」(宮内庁関係者)

 3月末、秋篠宮ご夫妻と眞子さま、悠仁さまの4かたで長野県にご旅行に出かけられたときも、眞子さまは必要な用事を済ませると、先に帰京された。GW中の御料牧場(栃木県)でのご静養も、ご夫妻と悠仁さまだけで行き、眞子さまはひとり東京に残られるという。一事が万事、そんな調子で、眞子さまと紀子さまの間にはすきま風が吹きすさんでいるという。

 とにかく結婚して、早く家を出て行ってしまいたい──眞子さまはそう口走られることもあったという。

「眞子さまにとって、小室さんは初めて真剣におつきあいしたお相手で、信頼されるお気持ちも強い。2年という長期の延期となれば、“破談”という声も耳に入らないわけはないですが、恋心はまったく冷めず、変わらずに結婚のご希望をお持ちです。だから、紀子さまに反発されるんです」(別の宮内庁関係者)

 ところが、猛烈な逆風に男性の方の“恋の炎”が大きく揺らぎ始めている。母・佳代さんの金銭トラブルが報じられてから、釈明や今後の生活設計についての説明のため、小室さんが秋篠宮邸を訪れたことがあった。

関連記事

トピックス

スキンヘッドの渋谷容疑者(2006年に行われた会見)
《一夫多妻の白いハーレム》近隣住民が目撃した、元占い師の逮捕現場一部始終「有害物質が出ているから窓を閉めて!」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
“妻”を侍らせる渋谷容疑者(『週刊ポスト』2006年2月10日号より)
《一夫多妻ハーレム生活の全貌》逮捕された元占い師(74)が過去に明かしていた「求めている女性がいれば、その女性と」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)
【迷惑行為動画】渋谷のZ世代はどう思うのか「刑事と民事ってナニ?」「少年法で守られる」の声 河野大臣の声は届かない
NEWSポストセブン
中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン