• TOP
  • 国内
  • 大阪の道の駅の「魚釣り公園」 行列ができるほどの大人気

国内

2018.04.28 16:00  女性セブン

大阪の道の駅の「魚釣り公園」 行列ができるほどの大人気

大阪の道の駅をレポート(撮影/菅井淳子)

 全国で1134もあるという「道の駅」。一体、どこがいい道の駅なのだろうか。そこで、これまで1059の道の駅に訪れたという道の駅の達人・浅井佑一さんがオススメする道の駅から、大阪府の『とっとパーク小島』を紹介。女性セブンの名物記者“オバ記者”こと野原広子がレポートします。

 * * *
 この海に突き出した巨大な橋げたは、元は、関西国際空港の埋め立て工事で、土砂の積み出しをした桟橋。それを魚釣り公園に有効利用したという。

 3月から11月まで、朝6時開園だが、駐車場は朝5時から入場待ちの車に整理券を配布しているというから人気の高さがわかろうというもの。

 見れば女性客も3割ほどいる。その中で、大きなひらめを釣り上げたばかりの山本悦代さんに「すごいですねぇ」と声をかけると、「こんなん、小さい方よ」だって。時間が空くと、夫と2人で釣りに来るそうだ。

「ここはトイレがきれいだし、ちょっと疲れたらコーヒーを飲むところもある。女性客が来やすいのよね」

 こう見えて私は、釣り船に乗って海釣りをしたことがある。当時、トイレは小さな囲いがあるだけ。それを思うとここは別天地だ。

「では、いわし釣りから始めますか」

 園長の西藪篤司さんに教わりながら、海の中に釣り糸を落とした瞬間よ。糸がビビビと震え、「リール巻いて糸を上げて、上げて」と。これが3回、立て続け。

「わああ、うれしい!」と飛び跳ねたわよ。

「いやいや、いわしは、ひらめとか、はまち(ぶり)を釣るための、エサですから」

 西藪さんはそう言うけれど、海から魚を釣ったことには変わりないじゃないの。その足で近くの『道の駅 みさき夢灯台』へ行ってお買い物。ああ、私が買い損ねたあの魚、誰が食べたんだろう。

 この世のものとは思えないほど真っ白な新玉ねぎと、1玉58円のうどん、木綿ごしの豆腐、色つやがよくてあきらめきれなかった豚ロース肉など、しめて3090円(価格は3月27日のもの。季節により取り扱い品目は変動)。

●とっとパーク小島
住所:大阪府泉南郡岬町多奈川小島455-1
営業時間:6~20時(12~2月は7~18時)
休業日:金曜(祝日は営業) 12月31日~1月2日 釣りデッキ1500円(整理券は先着順)

●みさき夢灯台
住所:大阪府泉南郡岬町淡輪5654-3
営業時間:『産直市場よってって』9~19時
休業日:1月1~3日

※女性セブン2018年5月10・17日号

関連記事

トピックス