• TOP
  • 芸能
  • TOKIO山口達也の“厳しい”囲み謝罪会見を心理士が分析

芸能

2018.04.28 07:00  NEWSポストセブン

TOKIO山口達也の“厳しい”囲み謝罪会見を心理士が分析

あえての囲み会見?

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、TOKIO山口達也の謝罪会見を分析。

 * * *
 お酒というのは怖いものだ。TOKIOの山口達也さんが、強制わいせつの容疑で書類送検され、謝罪会見を開いたが、事件当時は酩酊状態、記憶も断片的にしかないという。それも事件当日は、お酒による体調不良から1か月あまりの入院を終え、退院したその日だったというのだから、何をか言わんやである。

 会見場に姿を見せた山口さんは憔悴しきった様子で、顔色も悪く、暗く厳しい表情だ。緊張している、という一言では言い表せないほど苦渋の表情を浮かべている。渡されたマイクを両手で強く握りしめると、目線を落としたまま立ちすくむ。ジャニーズ事務所の顧問弁護士矢田氏が、これまでの経緯を説明し始めると、唇をぎゅっと噛みしめた。

 まだ取り調べが終わっていないなどの理由から、詳細な内容は容赦してほしいと言いながらも、「最低限の説明はしなければならない」と話す矢田弁護士の言葉に、山口さんは唇が見えなくなるほどきつく口を結んだ。被害者側から許しは得ていると、母親からの手紙を矢田弁護士が読み上げている間、ずっと目を閉じ、涙を流した。

 声を詰まらせながら謝罪の挨拶を始めるが、マイクを持つ手が小刻みに震えている。不安や緊張より、怖さに呑みこまれそうな印象だ。会見中、マイクを持つ手はずっと震えたままで、被害女性やTOKIOのメンバー、ファンへの気持ちを問われると、申し訳ない気持ちや後悔の念からか感情が大きく揺さぶられるのだろう。マイクの震えがひと際、大きくなっていた。

 かなりお酒を飲んだ状態で、相手に電話をかけたという。どうして他のメンバーや友人に電話しなかったのかと思うところだが、周りからは酒癖を心配され、会社からはお酒を止められていたというから、飲酒していることを咎められない相手を選んでしまったのかもしれない。

 ところでこの会見、謝罪の挨拶までは彼と報道陣の間に距離が置かれていたのだが、挨拶が終わるや否や、報道陣が彼の周りを一斉に取り囲む“囲み”会見だった。この形の会見を、事務所や彼が選んだことに、正直なところ驚いた。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス