芸能

関根勤 サンドウィッチマンを絶賛「ネタに外れない」

「大ファン」とサンドウィッチマンを絶賛する関根勤

「ちょっと何言ってるかわからない」──これはお笑いコンビ・サンドウィッチマンの持ちネタだ。今、このネタと同様の状況がお笑い界で起こっている。

 毎年恒例の『日経エンタテインメント!』(日経BP社)のタレントパワーランキングが発表され、芸人部門でサンドウィッチマンが見事1位の座に輝いた。これまで明石家さんま(62才)やタモリ(72才)、所ジョージ(63才)という大物芸人の独壇場だったが、今回、サンドウィッチマンによって初めてその牙城が崩された。ちなみに総合でもマツコ・デラックス(45才)や綾瀬はるか(33才)、新垣結衣(29才)ら豪華メンバーに続いて6位に食い込んでいる。

 15本のレギュラー番組を抱え、今春からは『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系)でゴールデンタイムで初のMCを務めるなど、勢いはとどまるところを知らない。ファンを公言し、ライブにも足しげく通う大先輩の関根勤(64才)が言う。

「ネタに外れがなく、安定感と切れ味があるんです。いちばん好きなのは、『M-1』でグランプリをとったピザ屋のネタだね。“シーフードピザ頼んだのに、えび入ってない”“えっ、指ですか?”って強烈にボケるから“そんなわけねえだろバカヤロウ!”ってツッコミが気持ちよく決まる。テンポがいいのに、ボケの富澤くんの声が低音で聞き取りやすいから、お年寄りがついていけなくなるような嫌なスピードは感じない」

 大物芸人も絶賛する彼らだが、その道のりは順風満帆だったわけではない。1998年に結成されたサンドウィッチマンとは、ボケ担当の富澤たけし(44才)とツッコミ担当の伊達みきお(43才)の仙台出身のコンビ。

 かつて伊達は雑誌のインタビューで「自分たちの20年間は食えなかった10年と食えるようになった10年」と語っている。“食えなかった時代”には財布に100円も入っていないこともザラ。たばこを買うか電車に乗るかの二択を迫られたふたりは、結局たばこを選び、目黒から板橋まで歩いたことも。その時期のことをふたりは「暗黒期」と呼んでいる。

 そんな彼らが一躍注目を集めたのが2007年の『M-1』だった。準決勝で敗退したふたりが、敗者復活枠から一気に頂点へと駆け上がった逆転劇は“M-1の奇跡”として、今でも語り継がれている。グランプリを獲得しても、その後ブレークしきれないコンビもいる中、彼らは着実にその人気を高めていった。

※女性セブン2018年6月14日号

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン