芸能

木村拓哉の次女がモデルデビュー、長女のほうが木村似?

鮮烈デビューを果たしたモデルのKoki,(『エル・ジャポン7月号』より。撮影/操上和美

 木村拓哉(45才)と工藤静香(48才)の次女であるKoki,(コウキ、15才)が5月28日発売の雑誌『エル・ジャポン』7月号の表紙を飾り、モデルデビューを果たした。

 2001年に長女(17才)、2003年にKoki,が生まれてから、木村家は日本一注目を集める家族だった。美人姉妹と噂される一方で、父と母は徹底して2人のプライベートを守ってきた。

「今回モデルデビューと聞いて、正直どっちかなと思いました。長女もとにかく美人です。どちらかというと長女が木村さん、次女が静香さん似でしょうか。ファッションも長女が木村さん系で、Koki,ちゃんは静香さん風のロック調を着こなしているイメージがあります。これだけの美人すぎる姉妹なので、芸能界からは何度も声がかかっていたようですが、今までテレビや雑誌に出なかったのも、本人たちが自分で自分のことを決められる年齢になるまでは、と静香さんは一切受けなかったようです」(木村家の知人)

 2人の姉妹は両親が芸能界という影響が極力及ばず、「世界で通用する人に育ってほしい」ということから、インターナショナルスクールに通ってきた。

「幼少期からインターナショナルスクールに通っていたのですが、そこは、イギリスのナショナル・カリキュラムに則った教育が行われています。生徒は英語を学ぶのではなく、英語でイギリス式の礼儀作法やマナー、芸術、教養を学びます。英語はもちろん、小学生の頃から簡単な会話をフランス語でも交わしていましたね」(芸能関係者)

 フルート、ピアノ、バイオリンなど音楽を習う一方で、絵画に触れるなど芸術にもなじんできた。

「数年前にはフルートのあるコンクールで長女が最優秀賞、次女が優秀賞を受賞しました。旅行に行くときも楽器は必ず持っていきますし、やるとなったらお遊びではなくキチンとやる。まだ幼いのに意志がはっきりしていてすごいと思いましたね。長女はフルート奏者を目指して今、音楽系の学校へ通っていますが、それも本人が探してきて“どうしても行きたい”と静香さんを説得したそうですから」(前出・知人)

 敷かれたレールを歩むのではなく着実にわが道を歩んでいく娘たち。木村家の子育てルールでまず大切なのは「礼儀」だったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン