スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

ゴルフのプロアマ戦、要は「銀座接待」と同じようなもの

2018.06.18 16:00

 日本ツアー通算31勝、賞金王に5度輝いた永久シード選手・片山晋呉(45)が、男子プロゴルフツアーの

 日本ツアー通算31勝、賞金王に5度輝いた永久シード選手・片山晋呉(45)が、男子プロゴルフツアーの今季メジャー第2戦「日本ツアー選手権森ビル杯」(5月31日~6月3日=茨城県・宍戸ヒルズCC)の開幕前日に行なわれたプロアマ戦で同伴競技者に「不適切行為」を働いて処分を受けた事件。

 招待客に指導をするでもなく、自らの練習を続ける片山に対し、「ゲストの面倒を見るのがプロの役目だろう!」と叱責したゲストがいたのだ。ここまで大事になった背景には「プロアマ」を巡る複雑な事情がある。プロアマは、大口スポンサーへの“接待”という側面を持つからだ。あるトーナメントの関係者が明かす。

「プロゴルフトーナメントの開催運営には、賞金総額の3~4倍の経費がかかるといわれます。今回のツアーは賞金総額1億5000万円ですから、約5億円ほどになる。プロアマ戦は、そうした金銭面でトーナメントを支えるスポンサー企業に対し、協会と選手会が感謝の意味を込めて協力する公式行事なのです」

 そのため、「最大40組とする」こと以外に特別な規定は設けられておらず、その運営や招待客のリストアップは、主催者であるメインスポンサーが決める。それだけに、巨額の運営費を賄うスポンサーにとっては様々な“ツール”となり得る。

「招待客の名簿は半年前から、広告代理店が作成の準備に当たります。得意先の接待に使ったり、営業成績が良い人を慰労の意味を込めて招待する場合もある。社長やVIPゲストは、大物プロや人気選手とセッティングされることが多い。逆に言えば、招待される側も、一緒に回るプロが誰かを見れば、自分がどれだけ大切にされているかが分かってしまう」(同前)

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP