• TOP
  • 国内
  • 新幹線殺傷事件 「温度差」感じさせる容疑者親族の発言

国内

2018.06.28 07:00  女性セブン

新幹線殺傷事件 「温度差」感じさせる容疑者親族の発言

日本中を戦慄させた新幹線殺傷事件の容疑者、小島一朗(写真/共同通信社)

「あなたに話しても、あの子の刑が軽くなるわけじゃないでしょ。警察の方でも『おばあちゃんはしゃべりすぎるからいかん』って言われてるのよ。私が怒られちゃうのよね」

 名鉄名古屋本線の美合駅から車で5分ほど。愛知県岡崎市のはずれにある一戸建てで、初老の女性がまるで世間話でもするかのように答える。日本中を戦慄させた新幹線殺傷事件の容疑者、小島一朗(22才)の祖母にして、彼と養子縁組を交わし、事件直前まで同居していた女性(81才)である。

「昨日、一昨日と2日間警察に行ってね。忙しいんですよ。ごめんねー」

 そう言いながら、玄関に戻っていく祖母の姿に、悲壮感は感じられない。

 殺人容疑で小島容疑者が逮捕されて3週間近く。この間、鉈と果物ナイフで小島容疑者が無差別に人を襲った様子や、血まみれの車中が克明に報じられてきた。

 車内で女性を守ろうとして殺害された会社員男性、梅田耕太郎さん(享年38)の葬儀も終わり、6月18日には妻がコメントを発表。

《夫は、私にとって、世界一優しい夫でした。二人とも旅行が好きでしたので、私が行きたいところを考えて、夫が旅行プランを作って、色々なところに出かけました。いつも家事を積極的に手伝ってくれ、私の仕事が忙しい時には、自分の仕事が忙しくても、ご飯を作って応援してくれました。たくさんの優しさと愛をありがとう、安らかに眠ってくださいと伝えたいです。夫を突然失った悲しみが癒えることはありません。このような悲しい事件が二度と起こらない社会になることを強く願います》

 絶望の底で苦しみながら、気丈にも事件をきっかけに社会が変わることを祈る妻のこの言葉は、多くの人々の胸を打った。

 一方、小島容疑者の親族は、冒頭の祖母の応対に代表されるように、事件の深刻さや被害者の悲しみとは“温度差”を感じさせる発言に終始している。小島容疑者とは15才から関係が途絶しているという父親はその傾向が顕著で、

「15才で家を出て、それ以来私は彼と会っていませんので記憶がちょっと曖昧なところがあります」
「幼い頃から、人の言うことを言葉通りにしか理解できなかった。変わった子だった」
「一朗くんとは今は家族ではない。中学生の頃からほとんど会話はなく、関係は断絶していた」
「本人に聞いてください」

 と、報道陣に対して他人事のような発言を連発していた。

 こうした家族の言葉に対し、ネット上では怒りの声が噴出。

《これが親と言えるのか》
《よくここまで無関心でいられるな》
《ある種の育児放棄だ》

 といった苛烈なバッシングが溢れた。

※女性セブン2018年7月12日号

関連記事

トピックス