芸能

関ジャニ∞安田章大「髄膜腫」で手術の内幕と今後の懸念

安田章大の「髄膜腫」明らかになった関ジャニ∞

 3か月前の4月15日。無数のフラッシュとシャッター音の前に関ジャニ∞のメンバーが並んだ。渋谷すばる(36才)が脱退を表明した会見である。同席した5人が目に涙を浮かべて悔しそうな表情を見せるなか、安田章大(33才)だけは「自宅で転倒して療養中」との理由で姿を見せなかった。

 デビュー15周年の記念イヤーに5大ドームツアーを控えてのメインボーカルの脱退。しかもその場に、誰よりもグループ愛が強く、誰よりも渋谷を慕っていた男がいないことに、報道陣はざわめいた。

 実はこの時、安田は都内有数の総合病院に入院していた。設立100年を超す由緒ある大学病院で、外観は歴史が感じられるレトロな造り。医療設備はもちろん最先端だ。都心ながら広大な敷地に病棟が立ち、病床は1500近くある。

 そこは、歌舞伎役者や俳優・女優、スポーツ選手など多くの有名人が通うことでも知られる。彼ら有名人が血液や尿など検体検査を受ける際、医療スタッフにも名前を伏せたければ、「タイガー・マスク」という偽名が使われる。それほど、病院側も著名人の扱いに馴れているという。

 その大学病院では、とくに脳神経外科は施設、スタッフとも充実しており、全国屈指の手術数で、世界でも最先端の治療が受けられる。安田はこの6月にも通院。現在も治療を続けている。

 7月2日20時ちょうど、安田は昨年2月上旬に脳腫瘍の一種である「髄膜腫」の摘出手術を受けていたことをファンクラブ会員向けサイトでのビデオメッセージで明らかにした。

 腫瘍は良性で手術は成功し、予後は良好で日常生活に支障はないが、今年4月9日に立ちくらみを起こして背中を強く打ち、背中と腰を骨折して全治3か月のけがを負ったことも明かした。渋谷の脱退会見を欠席したのは、そのけがが原因だった。

 努めて明るく振る舞ったが、彼を取り囲んだメンバーの心配そうな表情が印象的なビデオメッセージだったという。

 事務所は公式サイトで、7月15日から始まる全国5大ドームツアー14公演(札幌、名古屋、大阪、東京、福岡)については、

《本来のパフォーマンスをお見せすることはできませんが、今の安田にできる最大限のパフォーマンスをさせていただくことでご了承いただけますと幸甚に存じます》

 と説明した。

 冒頭の通り、関ジャニ∞は渋谷が今年12月31日でのグループ脱退を公表した。そんな中、6月24日に阪神競馬場で開かれた競馬レース「宝塚記念」では、横山裕(37才)、村上信五(36才)、錦戸亮(33才)が登場して君が代を斉唱し、渋谷が抜けた穴を埋めるようなパフォーマンスを見せたばかり。「新星・関ジャニ∞」を見せていた中で明らかになったアクシデントに、さらなる衝撃が広がった。

◆後遺症である「てんかん」の症状

関連記事

トピックス

所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
幼稚園をご訪問され、子供たちに声を掛けられた天皇陛下
天皇皇后両陛下が幼稚園をご訪問 工作の様子を見守られ「どんなものができるのかな」と笑顔で声をかけられる場面も
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
スキャンダル写真で芸能界を震撼させた『BUBKA』
《90年代アイドルを震撼させた月刊誌『BUBKA(ブブカ)』》の創刊編集長が急死していた スキャンダル写真で物議「スクープ100万円」「複数訴訟」の全盛期
NEWSポストセブン
新しいヘアースタイルの大谷翔平
《大谷翔平の新ヘアスタイル》“切ってもらうと成績が向上する”と評判の美容師が担当 ソウルで水原被告と一緒にカット、料金は大谷が支払う
女性セブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
フリーになるも苦戦が続く上重聡アナ
《超大型連休続く?》元日テレ・上重聡アナ、「交渉しまして」古巣復帰の苦境 根強い“利益供与問題”のイメージ、自虐ネタに活路か
NEWSポストセブン
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン