• TOP
  • 芸能
  • 関ジャニ∞安田章大「髄膜腫」で手術の内幕と今後の懸念

芸能

2018.07.04 16:00  女性セブン

関ジャニ∞安田章大「髄膜腫」で手術の内幕と今後の懸念

 グループにとって安田の存在感の大きさは計り知れない。

「関ジャニはバラエティーの司会者として人気の村上くんや俳優業で頑張る横山くん、錦戸くんがグループの顔です。あまり知られていませんが、安田くんは関ジャニの楽曲制作やツアーグッズのデザインまで手がける天才肌。目立ちませんが、グループの結束力を強めるために欠かせない存在です」(音楽業界関係者)

 渋谷の脱退会見欠席後も、安田の「異変」は多く見られていた。6月6日には『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)の収録を欠席し、ファンからは「無理はしてほしくないけど、理由を言ってほしい」、「本当に心配すぎて涙が出る」との声が相次いだ。

 6月27日生放送の『テレ東音楽祭2018』(テレビ東京系)では、地元大阪の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」から歌を届けたが、2曲目の『キング オブ 男!』の歌唱中につらそうな表情を浮かべ、村上に支えられるシーンも見られた。

 脳腫瘍発表の前日に放送された『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)にも安田の姿はなかった。南相馬市立総合病院の脳外科医の嶋田裕記さんの説明。

「成人にできる代表的な脳腫瘍は、脳を包む骨の間の膜から腫瘍ができる『髄膜腫』と、脳自体に腫瘍ができる『グリオーマ(神経膠腫)』の2種類があります。安田さんがかかった『髄膜腫』は、初期には自覚症状がなく、腫瘍が大きくなると脳や脳から出る神経が圧迫されて症状が出てきます。『髄膜腫』の生じる部位によって症状は異なりますが、目の神経を圧迫すれば目が見えづらくなり、運動をつかさどる脳を圧迫すれば片方の手足が動かしづらくなります。ふらつきや頭痛、嘔吐、ときにてんかん発作などの症状も出ます」

 脳腫瘍は種類などにより1~4までのグレード(悪性度)がある。グレード1が良性で、グレード2以上が悪性とされる。「髄膜腫」はほとんどがグレード1の良性。グレードが高いほど生存率が低くなるという。

 ビデオメッセージを見たファンによると、安田は「違和感があったので脳ドックを受けに行ったことで、(脳腫瘍を)早期発見できた」などと語ったという。

「違和感」については具体的に話していなかったようだが、頭痛や吐き気だとしたら、腫瘍は数cm以上に大きくなり、脳を圧迫していたと考えられる。

「昨年2月頭に都内のクリニックで脳ドックを受けて、髄膜腫が発見されました。その後数日のうちに、高度な治療が受けられる都内大学病院で診察を受け、すぐに手術となったそうです。10時間以上かかった大手術だったそうです。しばらくは入院し、退院後は投薬治療を続けていました」(安田を知る関係者)

 手術後に心配されるのは後遺症だ。のじ脳神経外科・しびれクリニックの野地雅人さんが続ける。

関連記事

トピックス