芸能

最新芸能記事のRSS

関ジャニ∞安田章大「髄膜腫」で手術の内幕と今後の懸念

2018.07.04 16:00

 3か月前の4月15日。無数のフラッシュとシャッター音の前に関ジャニ∞のメンバーが並んだ。渋谷すばる

 3か月前の4月15日。無数のフラッシュとシャッター音の前に関ジャニ∞のメンバーが並んだ。渋谷すばる(36才)が脱退を表明した会見である。同席した5人が目に涙を浮かべて悔しそうな表情を見せるなか、安田章大(33才)だけは「自宅で転倒して療養中」との理由で姿を見せなかった。

 デビュー15周年の記念イヤーに5大ドームツアーを控えてのメインボーカルの脱退。しかもその場に、誰よりもグループ愛が強く、誰よりも渋谷を慕っていた男がいないことに、報道陣はざわめいた。

 実はこの時、安田は都内有数の総合病院に入院していた。設立100年を超す由緒ある大学病院で、外観は歴史が感じられるレトロな造り。医療設備はもちろん最先端だ。都心ながら広大な敷地に病棟が立ち、病床は1500近くある。

 そこは、歌舞伎役者や俳優・女優、スポーツ選手など多くの有名人が通うことでも知られる。彼ら有名人が血液や尿など検体検査を受ける際、医療スタッフにも名前を伏せたければ、「タイガー・マスク」という偽名が使われる。それほど、病院側も著名人の扱いに馴れているという。

 その大学病院では、とくに脳神経外科は施設、スタッフとも充実しており、全国屈指の手術数で、世界でも最先端の治療が受けられる。安田はこの6月にも通院。現在も治療を続けている。

 7月2日20時ちょうど、安田は昨年2月上旬に脳腫瘍の一種である「髄膜腫」の摘出手術を受けていたことをファンクラブ会員向けサイトでのビデオメッセージで明らかにした。

 腫瘍は良性で手術は成功し、予後は良好で日常生活に支障はないが、今年4月9日に立ちくらみを起こして背中を強く打ち、背中と腰を骨折して全治3か月のけがを負ったことも明かした。渋谷の脱退会見を欠席したのは、そのけがが原因だった。

 努めて明るく振る舞ったが、彼を取り囲んだメンバーの心配そうな表情が印象的なビデオメッセージだったという。

 事務所は公式サイトで、7月15日から始まる全国5大ドームツアー14公演(札幌、名古屋、大阪、東京、福岡)については、

《本来のパフォーマンスをお見せすることはできませんが、今の安田にできる最大限のパフォーマンスをさせていただくことでご了承いただけますと幸甚に存じます》

 と説明した。

 冒頭の通り、関ジャニ∞は渋谷が今年12月31日でのグループ脱退を公表した。そんな中、6月24日に阪神競馬場で開かれた競馬レース「宝塚記念」では、横山裕(37才)、村上信五(36才)、錦戸亮(33才)が登場して君が代を斉唱し、渋谷が抜けた穴を埋めるようなパフォーマンスを見せたばかり。「新星・関ジャニ∞」を見せていた中で明らかになったアクシデントに、さらなる衝撃が広がった。

◆後遺症である「てんかん」の症状

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP