国内

重大事件で犯行と犯人の病歴を結びつけるのは印象操作

田原総一朗さんが緊急提言(写真/時事通信社)

 東海道新幹線の車内で、乗客の男女3人が殺害された事件。新聞やテレビがこぞって報道したのは、小島一朗容疑者(22才)が精神的な障害を持っていたことだった。

〈新幹線殺傷…容疑者自閉症? 「旅に出る」と1月自宅出る〉

 こんな見出しで大々的に事件を報じたのは、毎日新聞のデジタル版(のちに「自閉症」という語句を削除)。

 情報番組『Mr.サンデー』(フジテレビ系)も、小島容疑者が過去に「発達障害」の診断を受けていたことを繰り返し伝えた。

 犯罪心理学に詳しい筑波大学人間系教授の原田隆之さんは、一連の報道を批判する。

「事件が発生して間もなく、まだ全貌がわかっていない段階で『容疑者は発達障害』『自閉症だった』との大きな見出しを掲げ、何度も繰り返して報道すると、病歴と犯罪に大きな関係があるという印象を受け手に与えます。もしこれが風邪や便秘など体の病気であればニュースになることはありえない」

 そもそも精神障害と犯罪を直結させるのは無理筋だ。

「厚生労働省などの公式データを用いて試算すると、一般人が犯罪に走る割合が約0.2%あるのに対し、精神障害者が犯罪に走る割合は約0.1%。つまり、健常者と比較して事件を起こしやすいとは決して言えないのです」(原田さん)

 しかし、今回に限らず、2016年に起きた相模原障害者施設殺傷事件を引き起こした植松聖被告が精神疾患を患っていたことが大きく報じられるなど、精神障害と事件を結びつける論調は根強い。原田さんが言う。

「得体の知れない不可解な事件が起きた時、メディアはすぐにその原因を求めます。精神障害は、その答えとしてわかりやすいのです。しかし容疑者の持つ特性の一面だけを捉えて殊更に報道するのはあまりに安易であり、こうした報道が精神障害者に対する差別や偏見を助長する恐れもあります」

 ひとたび凶悪事件が起きると、現場の様子や犯行の手口、犯人のパーソナリティーや一挙手一投足が雪崩を打つように報じられる。一連の煽情的な報道が世に潜む「犯罪予備軍」を刺激して、過去の犯罪を真似た模倣犯を生み出すとの声も多い。

 小島容疑者の犯行も、「秋葉原通り魔事件から10年」といった報道が犯行の引き金になったのではないかという批判がある。しかし、ジャーナリストの田原総一朗(84才)さんは真っ向から否定する。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン