ビジネス

スズキの新型ジムニー 熱狂的なジムニストの期待裏切らぬ車

スクエアな車体が新鮮な新型ジムニー(鈴木俊宏社長)

 クルマのフルモデルチェンジといえば、かつては4年に一度がお約束だった。さすがにいまでは5年から8年ぐらいにフルモデルチェンジの幅が伸びているクルマが多いものの、スズキが7月5日に発売した4代目となる軽四輪駆動車「ジムニー」と小型四輪駆動車「ジムニーシエラ」の20年ぶりというのは突出している。

 初代が1970年~1981年、2代目が1981年~1998年、3代目が1998年から2018年と少しずつフルモデルチェンジの期間が伸びているが、今回の突き抜けた趣味感、道具感を示した新型ジムニーは、同車に乗った経験がない筆者でも一目でワクワク感を覚え、この先どんなにCASE(クルマの通信化、自動化、共有化、電動化)が進展しても残ってほしいと思わせるものを持っていた。

 まして、それがジムニーオーナーや従来からのファンならなおさらだ。オーナーはバンパーやフロントグリル、車高上げなどのカスタマイズを楽しむ人が多いことでも知られ、そうしたコアなファンは総称して“ジムニスト”と呼ばれている。

 ジムニー、ジムニーシエラはこれまで、世界で285万台を販売し、内訳は海外が203万台、国内が82万台だが、海外は軽の規格がないので全量、小型車のジムニーシエラとなり、逆に国内は82万台のうち、75万台が軽のジムニーで占めているという。初代登場から48年、まさにグローバルなロングセラー商品といっていい。

 ジムニーの生い立ちや変遷について、スズキ四輪商品第二部チーフエンジニアの米澤宏之氏はこう語っていた。

「ジムニーはいわばスズキの顔。初代は軽で唯一の本格四輪駆動車として登場し、当初は産業用、法人用に限られ、価格も高くて年間5000台程度の市場でした。

 その後、廉価で手軽なをコンセプトに開発したこのクルマが評価され、小回りの利く機動性を売りに建設、土木、林業などのほか、山間部や積雪地帯の生活者ニーズ、さらにレジャーにも使えるコンパクト四輪駆動車という市場を開拓したのです。いってみれば働く男のクルマでした。

 2代目は男のクルマだけではなく、“自由な気分が好き”などのキャッチコピーで、さらに個人ユーザーを取り込むフルモデルチェンジとし、92年にはAT車も投入しており、翌93年には過去内最高の年間3万台超える販売を記録しました。

 3代目は98年1月に小型車を先行販売し、その年10月の軽自動車の規格改定に合わせて後から軽が登場。当時は時代背景もあって乗用車的な付加価値、乗り味を取り入れ、以来20年にわたって改良を重ねてきました。そして、今回の4代目は無駄のない機能とデザインで原点に戻ろうと」

 ブームが続くSUVも含め、流線形を多用したデザインのクルマが溢れかえる中、4代目ジムニー・ジムニーシエラの、ハッとするほどスクエアな車体は多くの人が新鮮に感じるはずで、斬新な外観のみならず、頑丈なラダーフレーム、パートタイム4WDなど、ジムニー伝統の基本構造も継承、進化している。

 スズキではジムニーユーザーとして3グループを想定している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン