• TOP
  • ライフ
  • 細川貂々&釈徹宗の特別対談 落語のアナーキーさと魅力

ライフ

2018.07.27 11:00  女性セブン

細川貂々&釈徹宗の特別対談 落語のアナーキーさと魅力

宗教学者・釈徹宗が貂々さんとスペシャル対談


釈:ぼくは貂々さんに驚いたり、内容に笑わせてもらったり感心したり、連載中から毎回面白く読んでいたんですが、こうして単行本になって改めて感じるのは、貂々さんの成長物語になっているのが魅力ですよね。貂々さんが落語にご縁のなかったところからスタートして、だんだん引き込まれていって、落語のよさに次第に気がついていくプロセスを読むと、みなさん、落語をちょっと1回聴いてみようかなという気になると思いますよ。 ところで、ちーと君(貂々さんの息子)の落語は続いていますか?

貂々:最初は母の仕事に役立つから、と説得されて子供のための落語教室に通いだしたんですけど、自分がしゃべることで人に笑ってもらえることがうれしいみたいで、いつの間にか今も楽しんでいます。

釈:着物を着た人がたったひとり、扇子を持ち、座布団に正座したまま語るという芸能は、世界で落語だけだといわれますけど、10才の小学生の子供でも興味を持ってくれるというのは本当にうれしいですね。

◆これで笑っていいの?

釈:最初に落語にご一緒した時の演目は、『お多福来い来い』の第1回に描かれた『弱法師(よろぼし)』でしたね。

貂々:はい。で、私、本にも描きましたけど、このオチがわからなくて、どこが面白いんだろうって。先生に、「オチがわかりません」と言ったんです。後からいろんな人に「釈先生にそんな大それたことを聞いたの」とあきれられました(笑い)。

釈:何のてらいもなく、わからないことはわからないと率直に聞く。それが貂々さんのいいところです。もともと『弱法師』というのは、そんなに笑うところのないお話なんです。お能にもあるし、文楽や歌舞伎では『摂州合邦辻』という演目になり、さまざまな芸能で演じられていますが、落語ではあの時も、ほとんどの人が、貂々さんのように「納得できない」「え、これで終わり?」っていうムードだったんですよ。

貂々:安心しました(笑い)。

釈:言ってみれば、ダジャレなんです。昔の物乞いさんの典型的な言い回しに、「長々患(ながながわずろ)うて苦労しております」という言葉があったらしいんですが、それを、「長々」と「菜刀」を重ねて、「菜刀あつろうて苦労しております」と。ただのもじりです。

 もともと落語という芸能は、短い落とし話がベースで、それをいろんな人が膨らませてストーリーをもたせて、最後にサゲをくっつけた。ですから、あの話は一体どうなったんだっていうことにもなるし、納得のいかないことって、落語初心者ほど感じると思いますよ。

関連記事

トピックス