芸能

桐谷美玲&三浦翔平のマンションに山崎賢人と斎藤工も住んだ

三浦と桐谷の愛の巣は芸能人だらけ?

《嬉しくて嬉しくてたまらないです。》
 三浦翔平(30才)との結婚発表後初めて、桐谷美玲(28才)が自身のインスタグラムでこう綴ると、コメント欄にはファンからのお祝いの言葉が殺到した。

 昨年12月の本誌・女性セブンのスクープで熱愛が発覚してから7か月のスピード婚、しかも人気絶頂同士のカップルにもかかわらず、ファンから落胆の声はほとんど聞かれない。

「美男美女のお似合いすぎて嫉妬するレベルではないし、変な計算が見えない素敵なカップルという声が圧倒的。翔平くんの堂々交際宣言はファンにも好印象だったようです」(芸能記者)

 芸能界に友人が多いことでも知られる三浦にも祝福メッセージが殺到。今は返信に大忙しだというが、そんな2人の結婚を誰よりも驚いた1人は、山崎賢人(23才)だったかもしれない。

 三浦と桐谷は2016年7月のドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)、通称『スキコト』で共演している。

 桐谷の役どころはパティシエ。住み込み先にはイケメン3兄弟がいて、レストラン経営者の長男を三浦、カリスマシェフの次男を山崎が演じた。最初に桐谷が恋をしたのは三浦、次第に山崎に心が傾き三角関係に…。

「ドラマでは最後に山崎さんと桐谷さんが結ばれるんですが、当時は私生活でも熱愛の噂がありました。この頃、映画、ドラマと恋人役での共演が続いて仲がよかったのは確か。実際に交際はなかったようですが、まさか山崎さんではなく、三浦さんとゴールインするとは、驚きましたね」(テレビ局関係者)

 しかし、山崎が驚いたのはそれが理由ではない。ドラマの共演を経て、昨年の春先から交際をスタートさせた三浦と桐谷。交際当初は外でのデートを避けてか、同じマンション内の同じフロアに住んでいたのだが、山崎も同じマンションに住んでいたのだ。

「管理人が24時間体制で常駐するホテルライクなマンションです。エレベーターは居住階にしか停まらず、セキュリティーに優れているので、芸能人に人気の物件です。とはいえ、まさかドラマで三角関係だった3人が同じマンションに住んでいたとは…。山崎さんも交際報道で知ったようですし、三浦さんもまさか“恋敵”が一つ屋根の下にいるとは考えもしなかったと思いますよ。結果、皆さん引っ越したようです」(芸能関係者)

 山崎だけじゃない。桐谷とCM共演している斎藤工(36才)も同じマンションに住んでいたという。

「桐谷さんをめぐるイケメン3人との四角関係だったら、ドラマよりドラマチックでしたね(笑い)」(前出・芸能関係者)

 どちらにしろ、幸せ絶頂の彼女がうらやましい限り。

※女性セブン2018年8月16日号

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン