国内

最新国内記事のRSS

性風俗従事者 女性だけが職業差別を受けるのはなぜか

2018.08.04 16:00

 風俗はいつの時代も、社会を映し出す鏡である──。女性に比べて、その実態があまり表に出ることのない男

 風俗はいつの時代も、社会を映し出す鏡である──。女性に比べて、その実態があまり表に出ることのない男性セックスワーカー(男娼)たち。どのように彼らは現在の職業に辿りついたのか。客たちは、何を求めて彼らの元にやってくるのか。長く性風俗業界を取材し、6月に『男娼』(光文社)を上梓した中塩智恵子さんに話を聞くと、既婚女性が抱える淋しさや、男尊女卑社会の実態、人間の欲望の深淵が見えてきた。

 * * *

◆男娼は、溜めこんでいる女性たちの「駆け込み寺」

──この本で中塩さんは、10人の男娼に取材をされています。女性のみならず、男性、LGBTまで、彼らのお客さんは様々で、彼らの働き方も様々です。まず、女性客の中に既婚女性が多いという実態に、驚きました。

中塩:人妻さんの利用は本当に多いようです。その中には、セックスをしないと満足されない方もいる一方で、そうでない方もいます。彼女たちが求めているのは、普通にデートをして、悩みを聞いてもらうことなんですね。

──実際、セックスレスが原因で利用する女性はいない、と答えている男婦の方もいます。

中塩:セックスレスになるまでには、それまでの過程があるわけで、例えば夫婦の会話が全くないとか、スキンシップが皆無だとか。ですからそれはあくまで結果であって、悩みの根源ではないんだろうと思います。女性の欲望は決して性的なものが到達点ではないし、心の内側にあるものを吐き出したいという人妻の方は多い。特に専業主婦の方は、一番身近な夫に認めてもらわないと、誰にも認めてもらえない寂しさや不満を抱えてしまう印象を受けます。私は独身なので、あくまで推測なのですが。

──悩みを聞いてもらうだけなら「女友達」でもいいような気がしますが、それでは満たされないものがあるのでしょうか?

中塩:やはり「男性」を感じながら話をしたい思いがあるのだと思います。それは女友達にはできないことですよね。私は婚外恋愛の取材も長くしているのですが、奥さまが婚外恋愛にはまるきっかけのほとんどが、旦那さんの浮気なんですね。少女マンガのような内面で育ってきた女性って、まだ少なくないと思います。だから結婚して、旦那さんに無碍にされるようになると、暴走してしまうんじゃないかと。

──夫に説教をしてやりたい、というある男娼の言葉が出てきます。夫婦の溝は深いですね。

中塩:彼らは、旦那さんに話を聞いてもらえなくて、いろいろ溜めこんでしまっている女性たちの「駆け込み寺」なっているんです。もちろん、旦那さんは旦那さんで悩んでいたりもする。結局のところ男女って、ある程度の距離感が必要なのかなと思いますね。そうじゃないと緊張感がなくなるから。恋人同士でも夫婦でも、話し合いと思いやりと気遣いが必要というのが、ベタですが、取材を通じて感じたことです。

本文を読む


マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP