芸能

ジャニー社長のネーミング力 広告のプロが「天才」と語る理由

ジャニー喜多川社長が多くのグループを名付けた

 今年5月、ジャニーズ事務所から4年ぶりにCDデビューした「King & Prince」。デビュー曲のCD売り上げが60万枚を突破、新曲は11月公開の映画『ういらぶ。』の主題歌に抜擢されるなどその活躍ぶりは目覚ましい。ファン以外にも認知されている彼らの愛称「キンプリ」は、ジャニー喜多川社長が名付けたデビュー前のグループ名「Mr.King vs Mr.Prince」から生まれたもの。

 ジャニーズ事務所のグループ名といえば、KAT-TUN、Kis-My-Ft2など、“初見”では読みにくいものも多くあり、「ダサくない?」「イケてる!」とファンならずとも話題になる。そんなグループ名の多くを名付けたのはジャニー社長といわれる。そのネーミングセンスは、流行を作り出すプロの目にはどう映っているのだろうか。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーの原田曜平さんに尋ねると「ジャニー社長は天才コピーライターです」と断言した。その理由を明らかにしていく。

【メンバーさえ驚く意外性】

 ジャニー社長にグループ名を与えられた時、「それはちょっと…」と感じるメンバーも少なくないという。メンバーたちをも驚かせる、その意外性が大切だと原田さんは言う。

「コピーライティングには意外性が必要です。たとえば、私ごとで恐縮ですが、ぼくが名付けた“マイルドヤンキー”は、“マイルドなヤンキーってどういうこと?”と、若干ダサさもありながら、話題になりやすく、意外性もあって広がっていったんだと思います。ジャニーズも“なんだ、このグループ名は?”と話題になっていくうちに、だんだんなじんでいきますよね。最初から当たり前のものを出しても、なかなか定着しないんです。

 コピーライターは、“冒険”したいと思いながらも周りの意見を聞くうちに妥協してしまい、平凡なものになりがち。ここまで思い切ってできるのは、ジャニー社長のネーミングセンスのなせる業だと思います。入社1年目のコピーライターは、“SMAP”とか“嵐”なんて名前はつけられません」(原田さん・以下「」内同)

【ファンの団結力が強まる効果】
 
 サブカルチャーなどにおいては、マイノリティゆえにグループのファン同士の絆が強い場合がある。ユニークなグループ名のファンたちには、それと同じ現象が起きることがあるという。

「変わったグループ名の場合、“なんかこの名前、変じゃない?”という声がファン以外のところからあがって、定番化するのに時間がかかります。その間に、ファンたちの団結力が強まるんです。“こんなに素敵なのに”“こういう意味が込められた名前なのに、みんな知らないのね”って。ジャニーズのファンは大勢いますが、“自分たちが応援しなきゃいけない!”とファンたちに錯覚させるんです」

【インナーモチベーションを高める】

関連記事

トピックス

ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
夫婦役で初共演の香取慎吾と岸井ゆきの。(c)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS
「香取慎吾さんは台本を覚えてこない」それが“いちばんいい役者”
NEWSポストセブン
ギャル曽根
ギャル曽根、“キレイな大食い”で好感度ぐんぐん上昇!バナナマン、有吉の冠番組でも“もう1人の顔”に 
NEWSポストセブン
引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)
引退の内海哲也、コーチ就任は西武か巨人か 去就を左右する恩師・堀内恒夫氏の言葉
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン