芸能

東京五輪の女子アナ代表 滝川クリステル争奪戦が勃発か

招致成功の立役者が再び?(共同通信社)

 2年後の東京五輪に向け、各競技で代表選考が始まっているが、その晴れ舞台に立つべく切磋琢磨するのはアスリートだけじゃない。テレビ中継にフル回転する女子アナたちも“局内代表”の座を巡って熾烈な戦いに挑んでいる──。

 スポーツイベントでは松岡修造という強烈なキャラクターを擁するテレビ朝日だが、脇を固める女子アナには絶対的な存在がいない。

「本来なら竹内由恵アナ(32)が有力候補ですが、どうも最近は元気がない。その点、注目度が急上昇中なのが弘中綾香アナ(27)です。

『ミュージックステーション』ではタモリさんに気に入られるなど、冷ややかな毒舌キャラなのに意外とオジサン受けがいい。スポーツ番組の経験は少ないが、“熱男の修造さんとコンビを組ませたら面白いんじゃないか”という声も上がっている」(テレビ朝日関係者)

 エース不在はTBSも抱える悩み。上村彩子アナ(25)、宇垣美里アナ(27)らがスポーツを担当するが、「五輪を任せるには心許ない」(TBS社員)という声が聞こえてくる。

 そこで囁かれているのが「お・も・て・な・し」の名スピーチで東京五輪招致を成功させた立役者・滝川クリステルアナ(40)の一本釣りだ。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン