• TOP
  • 国内
  • 雅子妃を待ち受ける300件の公務 秋篠宮の公務も増加

国内

2018.08.15 16:00  週刊ポスト

雅子妃を待ち受ける300件の公務 秋篠宮の公務も増加

公務の多さを心配する声も(写真/JMPA)

 来年4月30日、今上天皇が譲位し、徳仁皇太子が即位する。皇太子の即位は、「雅子皇后」の誕生も意味する。皇室記者が語る。

「先の大戦や、自然災害の被災地への慰霊・慰問への両陛下の姿勢を、皇太子と雅子妃も引き継ぐでしょう。来夏、被災から1年の節目を迎える西日本豪雨の被災地を、新天皇皇后が訪れることもあるかもしれません」

 現在、美智子皇后の公務は年300件以上。対して雅子妃は60件前後と大きな差がある。すべてを引き継ぐわけではないものの、公務の数が増加することは間違いない。近年は回復ぶりも伝えられるが、雅子妃は約15年に及ぶ療養生活から完全に脱したわけではないだけに、心配も募る。

「来年10月の『即位礼正殿の儀』では、十二単におすべらかしのお姿で御帳台へのぼるなど、関連儀式は相当な重圧です。

 一方で各国から賓客を招いて行なわれる『饗宴の儀』は、外交官としてキャリアを積んだ雅子妃が本領を発揮できる機会でもある。今後、皇后として皇室外交を担うことになるだけに、晴れ舞台を“成功体験”として、自信を取り戻してもらいたいと周囲は願っている」(別の皇室記者)

◆秋篠宮家に訪れる大いなる変化

 新天皇の即位とともに、「皇嗣」となる秋篠宮。長女の眞子内親王と小室圭さんの結婚延期が取り沙汰されるなか、秋篠宮家には今後より一層の注目が集まる。皇室ジャーナリストが語る。

関連記事

トピックス