ライフ

画業50年突破、永井豪氏が語る『ハレンチ学園』誕生秘話

「ハレンチ学園」から50年

『マジンガーZ』『キューティーハニー』『デビルマン』『ハレンチ学園』など数々の代表作を持つ漫画家・永井豪氏。画業50年突破を記念して、「永井GO展」が大阪で開催されることになった(9月8日~9月24日、於:大阪文化館・天保山)。そんな永井氏に、プロインタビュアーの吉田豪氏が、『ハレンチ学園』誕生秘話を聞いた。

──連載開始50周年突破で小学館から『ハレンチ学園』を再刊されるということで、今日は当時のお話を聞かせていただきたいと思います!!

永井:1967年にデビューして、翌年の1968年には『ハレンチ』を描き始めてますからね。で、問題になったのが1969年ぐらいで。

──ものすごいスピード感ですよね。デビューしてすぐに大ヒット作を出し、そしてそれがすぐさま社会問題になるっていう(笑)。

永井:なんか私のいけないところがあったんですかね。自分では普通に描いて、おとなしくやってたつもりでした。(連載していた)『少年ジャンプ』はまだ当時、創刊したばかりで雑誌自体もそんなに高い年齢層じゃなくて、小学校の真ん中辺ぐらいが狙いって聞いてたんで、おとなしくかわいい恋愛ものをやろうってことで。

──もともと編集サイドからは、どういうものを描いてほしいって言われてたんですか?

永井:当時、僕はマカロニウエスタンのパロディみたいな時代劇のギャグ漫画を描いてたんですけども、とにかく現代ものにしてほしいというのが最初の注文で。どんなのがいいんですかねって聞いたら、ちばてつや先生の『ハリスの旋風』みたいな学園ものがいいって言われて。それで、とりあえず「わかりました、じゃあ学園ものでやりましょう」って話しして、すぐ本屋に行って『ハリスの旋風』を立ち読みしまして、あ、こんな感じかって。

関連キーワード

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン