芸能

池内博之と交際の西内まりや姉・西内ひろ、元彼とトラブルも

新恋人に元彼とのトラブルが…

 ドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系)で、主演の綾野剛(36才)の部下として存在感を示す池内博之(41才)。円熟味を帯びる俳優業とは裏腹に、今、私生活では予期せぬ事態に巻き込まれようとしている。

「実は池内さんはタレントの西内ひろさんと交際しているのですが、彼女はこの3月まで青年実業家のAさんと同棲していました。彼女は別れ際、無断で数々のブランド品にはじまり食器や家具まで持ち出したそうです。Aさんがかわいがっていた愛犬も連れて“夜逃げ”同然で出て行ったとか…その食器類を使って、池内さんとふたりで仲よく食事をしていると聞いたAさんは憤慨しています」(Aさんの知人)

 西内ひろ(29才)は、昨今、独立問題で世間を騒がせた女優の西内まりや(24才)の姉で、今年からフィリピン観光大使も務める国際派タレント。

 Aさんとひろの交際が始まったのは8年前。妹のまりやも含め家族ぐるみの交際だった。2人の知人が言う。

「Aさんは不動産など手広く事業をしている資産家です。そろそろ結婚するのかと思っていましたが、今年に入って雲行きが怪しくなりました。彼女が池内さんに出会い、ハマってしまったようです。一方的に出て行っただけじゃなく、食器以外にも現金、銀貨やライカのカメラ、ドローン、電動アシスト自転車までなくなっていたとか。ブランド品は質屋に入れたそうですが、総額2000万円相当の損害額でAさんは、“弁護士を立てて返してもらうしかない”と言っていました」

 当のひろに話を聞いた。

「持って出た物は“100%彼の物”というわけではないし…Aさんがそういう態度なら私も法的にやれることはあるので」

 一方のAさんは「自分の物を返してほしいだけ」と言うのみだった。

※女性セブン2018年9月6日号

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン