ライフ

『ハレンチ学園』騒動は凄かった 和田アキ子が生放送乱入も

画業50年を突破した永井豪氏

『マジンガーZ』『キューティーハニー』『デビルマン』などで知られる漫画家の永井豪氏。その原点ともいえる作品が1968~1972年に「週刊少年ジャンプ」で連載された『ハレンチ学園』だ。同作は子供たちの間で爆発的ブームを起こす一方、学校のPTAから大きな批判を浴びた。連載開始50年でこのたび小学館から再刊されることになった同作にまつわる秘話を、永井氏がプロインタビュアー・吉田豪氏に明かした。

永井:当時ワイドショーが始まったころで、いろんなワイドショー番組に引っ張り出されたんですよ。出ると、PTAのおじさんおばさんと学校の先生がずらーっと目の前にいるんですね。それに対峙するように座らされて、僕の横でアナウンサーがマイクを向けながら「どうしてこんな漫画を描いたんですか」とかいろいろ言う役で。で、何か言おうとすると、ひな壇からものすごい攻撃的なつるし上げで、「おまえの漫画は公害だ!」とかね。

──公害!

永井:「この漫画を見て育った子どもたちが将来大人になったときみんな性犯罪者になるぞ!」とか「みんな変態になっちゃう!」って、もうめちゃくちゃな理屈で。自分もついこの間まで子どもだったんで、子どもの気持ちはよく覚えてたんですよ。やっぱり小学校の半ばぐらいになったら女の子に興味を持って、ヌード写真の載っている大人の雑誌を探したりしてたから。そういう大人のものを見るより、子どもの漫画の中で少しずつ出していったほうがスムーズに成長できるんだってことで。僕は小学校低学年のときに大人のエロい小説とか読んでましたけど、それよりかわいい漫画で表現してるほうが絶対いいし。

──むしろ性犯罪は減るんじゃないか、と。

永井:うん、そうそう。そんなことを言おうとするんですけど、当時は口下手でうまく言えないし、なんか言いかけるともうぼこぼこぼこっと10倍ぐらい、いろんな人からのつるし上げだけで話が終わっちゃうんですよね。

──そもそもそんなつるし上げにされそうな企画なのに、なんで出演されたんですか?

永井:いや、とにかく説明しようと。それで、ぼこぼこにされても、ぼこぼこにしたほうはそれで毒出しができるから、不買運動も少しおさまるんじゃないかって気持ちもあって。そしたら、ワイドショーの生放送が終わると、PTAのおばさんたちがわあっと取り囲んできて、「もうよっぽどのいやらしい中年男が描いてるんだと思ったら、こんなかわいい坊やが描いてたのね」って言われて。当時僕、23歳ぐらいだったんですけど、よく婦人警官に「中学生でしょ」とか言われて補導されそうになったりするぐらいだったから、「こんな坊やみたいな子が描いてたんだったら応援したのに」とか言うんだよね(笑)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン