• TOP
  • ビジネス
  • 安いTシャツが低品質とは限らない訳 ユニクロはコスパ高い

ビジネス

2018.08.25 07:00  NEWSポストセブン

安いTシャツが低品質とは限らない訳 ユニクロはコスパ高い

ユニクロ×JWアンダーソンコラボの切り替えボーダー柄Tシャツ

 酷暑続きの今夏、半袖Tシャツの着回しが間に合わずに買い足した人も多いだろう。いまやTシャツは、1000円以下の安物から、ブランドロゴの入った1万円近くする高級Tシャツまでさまざまあるが、「安かろう悪かろうとは限らない」と指摘するのは、ファッションジャーナリストの南充浩氏だ。

 * * *
 長期間にわたる記録的な猛暑もようやくおさまり、朝晩は涼しい日が増えてきました。洋服の業界では2月と8月は「ニッパチ」と呼ばれて最も売れにくい月だとされています。

 両方ともにバーゲンが終わって一段落した月で、季節はまだ変わりきっていません。バーゲン品はある程度売り尽くしたし、次の季節の商品は気温的にまだ着用できないというのが売れない理由だと考えられます。

 とはいえ、最近は洋服の販売が不振であるため、バーゲンの本番である1月と7月が終わっても、バーゲン品はけっこう売れ残っています。毎年8月はそんな夏物のバーゲン品がさらに値下げされて“投げ売り価格”で並べられています。

 その中で意外に年間を通じて使いやすいのが、半袖のTシャツです。

 私は毎年8月下旬、9月上旬に投げ売り価格の半袖Tシャツを何枚か買います。季節先取りで秋物を買うべきだという意見はもちろん正しいのですが、暑がりで毎年10月の半ばくらいまでは半袖で過ごしている自分の体感温度と生活スタイルを考えると、この時期の半袖Tシャツの購入はそれなりに効率的ですし、無駄な買い物ではないのです。

 ところで、Tシャツと一口に言っても、さまざまなブランドからさまざまな価格で発売されています。どういう物を選ぶのが一番良いのでしょうか。

関連記事

トピックス