芸能

月9好調の平田満 還暦を過ぎて変化した芝居への想い

好調の月9ドラマや大河ドラマに出演中

「人が大勢集まる輪の中心にいたのが、つかさん。三つ揃いのスーツにブーツを履いて、流行りのサングラスをかけて、両足を机の上に投げだして、怖かったですよ(笑い)。劇団に入ったとはいえ、シェイクスピアさえろくに読んだことがないし、芝居の経験もない。辞めようと思いましたが、つかさんは僕みたいな素人を集めて舞台を作ったんです。何も知らなかったのが、逆によかったんでしょうね」

 21歳でつか主宰の劇団に参加すると、『熱海殺人事件』をはじめ、多くの舞台を踏む。ターニングポイントとなったのは、29歳のときに大部屋役者のヤス役で出演した、つか原作脚本の映画『蒲田行進曲』(1982年)だった。

「監督は憧れの深作欣二さん。ある日つかさんから突然、『お前、今度映画に出るぞ』と言われて、当時、僕のような小劇場の役者をいきなり映画で使うことはないから、『まさか、僕が?』という感じ。それまではただ好きで芝居をやっていましたけど、職業として俳優をやっていけるんじゃないかと思うことができた。それは、つかさんと『蒲田行進曲』のおかげです」

 映画は興行収入17億円を超える大ヒットを記録し、その年の日本アカデミー賞を総なめにする。まだほとんど無名だった平田は、最優秀主演男優賞を受賞し、実力派俳優として大きな一歩を踏み出した。あれから36年。映画やドラマに欠かせない名優として活躍し続けている。

 劇団時代に知り合い結婚した女優・井上加奈子と、2005年に芝居の企画からプロデュースまでを手がける「アル☆カンパニー」を立ち上げた。プライベートでも仲睦まじい姿がうかがえる。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン