• TOP
  • 芸能
  • 『カメラを止めるな!』聖地巡礼、これは事件であり奇蹟だ

芸能

2018.09.05 07:00  SAPIO

『カメラを止めるな!』聖地巡礼、これは事件であり奇蹟だ

古谷経衡氏が聖地巡礼

 既に別テーマで『SAPIO』での連載シリーズ「熱狂を歩く」の原稿を予定していた評論家・古谷経衡氏だったが、話題の映画『カメラを止めるな!』を鑑賞するや、同作を取りあげたい、との強い意向を持つに至る。列島の熱狂および、筆者の熱狂を届ける本連載のため、映画のロケ地である芦山浄水場(茨城県水戸市)を歩いた。

 * * *
 灼熱の列島を、いま「爽快な熱狂」が駆け巡っている。映画『カメラを止めるな!』(上田慎一郎監督、以下『カメ止め』)の熱狂的大ヒットである。6月、都内たった2館から始まったこの、スタッフもキャストも全く無名の、製作費300万円余で創られたインディーズ映画は、公開されるやいなやSNSでたちまち爆発的話題を呼び、7月を経て8月に至るや、全国で190館以上に拡大。観客動員数は8月下旬で40万人を突破し、全国ランキングで8位(8月18日~19日)に入った。

 しかも現在でも劇場では満員御礼の状況が続き、「観たくても観られない」という声が続出。正に『カメ止め』の快進撃は始まったばかり、と言うところなのである。

 低予算故、集客をSNSに頼らざるを得ない。しかしその余りにも高い完成度が故に次々と口コミに火が付き、観客が劇場に殺到する…この構造は、片渕須直監督のアニメ映画『この世界の片隅に』の大ヒットの過程に驚くほど酷似する(本連載2017年1月号特集)。が、『カメ止め』の製作規模は『この世界の~』より更にずっと小さく、実際の撮影日数は(ロケハンを除いて)たったの8日だ。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス