ライフ

PCやスマホなどのデジタル遺品、焼却し供養するサービスも

デスクトップに作成された「僕が死んだら」のショートカット

 終末期や死後について生前に備える「終活」で、ここ数年、新たな問題として浮上しているのが、パソコンやスマートフォンといった機器の中に眠っている「デジタル遺品」の扱いだ。目に見えないものだからこそ気をつけたい、その管理法とは──。

 一定期間以上パソコンやスマートフォン(以下スマホ)にアクセスがなかったら、内密にパソコンからデータを消し去ってくれる。ドラマ『dele』(テレビ朝日系)で、山田孝之(34才)と菅田将暉(25才)のコンビはいわゆる“デジタル遺品”の抹消を生業にしている。

 パソコン、スマホ、デジカメ…デジタル機器の普及に伴い、私たちは、日々の出来事や思い出をそれらの中になんの気なしに残している。が、自分の死後、それがどうなるか考えたことがあるだろうか。他人には(ましてや家族には!)決して見られたくないものが誰しもあるだろう。

 そうしたデジタル遺品の抹消・処理をテーマとした同ドラマは、回を重ねるごとに話題を呼び、いよいよ最終話を迎えた。

◆「パソコンやスマホを残して死ねますか?」と聞かれると、大半は「ノー」

 日本デジタル終活協会代表理事の伊勢田篤史弁護士はこう話す。

「このドラマのように、死後、一定の時間が経ったらデータを削除するというビジネスで実績を挙げている会社は、今のところほとんどないように思います。でも、『パソコンやスマホを残して死ねますか?』と聞かれると、大半の人は『ノー』と答えます。つまり、なんとかしなければいけない、と思っている人がほとんどです。にもかかわらず、準備をしている人は非常に少ないのです」

 そもそもデジタル遺品には2種類あるという。それは「残したくないもの」と「残さなければいけないもの」だ。

「残したくないものには、一般的には自分自身が恥ずかしいものと家族を傷つけるようなものの2種類が存在するといえます。前者としては、例えば男性であれば大半が持っていると思われるアダルトコンテンツ。女性の中には、日々つけている体重の記録を絶対に見られたくないという人もいます。一方、家族を傷つけるようなものとしては、いちばんわかりやすいものでいえば、不倫相手との写真などがあげられます。

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン