スポーツ

なぜ日本のバドミントンは世界の強豪国になったのか

 朴コーチはかつて、1992年バルセロナオリンピックでの金メダル獲得や5度の世界選手権制覇など、1980年代から90年代半ばに国際舞台で活躍した世界屈指のトッププレイヤーだった。現役を退いてからは母国の韓国やマレーシアなどでコーチを務め、2001年には世界バドミントン連盟の殿堂入りも果たしている。おもにダブルスで実績を残したことから「ダブルスの神様」と呼ばれており、その卓越した技術や戦術を注入したことが日本人選手をレベルアップさせた面はあるだろう。ただ、それ以上に、負けても悔しがらなかったという選手のメンタリティや、それまではほとんど実施されていなかった日本代表合宿を強化の軸にするシステムを変えたことの方が、朴コーチの功績として評価が高い。

 朴コーチ就任以前の日本代表は、ナショナルチームと言いながら、代表選手が集まって練習する機会は極端に少なかった。空港に集合して海外の遠征先で試合をこなし、帰国後は空港で解散することも少なくなかったという。それぞれの企業に所属する選手は、それぞれの拠点で練習するのが通例だった。バドミントンは個人競技であるため、そうした仕組みで成り立たないこともない。だが、それでは日の丸をつけることの重みを感じたり、日本代表選手同士の競争意識を高めたりすることは難しい。そもそも代表合宿をあまり行わないなど、他の競技では聞いたことがない。

 競泳の日本代表は、2012年のロンドンオリンピックで戦後最多となる11個のメダルを獲得したが、このときクローズアップされたのが、「チーム力」だった。各選手が「チームジャパン」という意識を強く持つようになったことで、互いに高め合い、同時に、押しつぶされそうになる重圧を乗り越えられる効果もあったと言われる。世界を相手に戦うとなれば、たとえ個人競技であってもチームで刺激し合って強化することが欠かせないのだ。

 朴コーチが来日した時期と前後して、「オグシオ」の愛称で親しまれた小椋久美子・潮田玲子組が人気を博し、バドミントン界が盛り上がりを見せていた。そして、オグシオのライバルでもあった末綱聡子・前田美順組が2008年の北京オリンピックで4位入賞を果たすと、4年後のロンドンオリンピックでは、藤井瑞希・垣岩令佳組(再春館製薬所)が日本勢としてオリンピック初のメダルとなる銀メダルを獲得。さらに4年後、リオでのタカマツペアの金メダルへとつながっていく。

 各選手が日本代表としての自覚を高めつつ、着実に実績を積み上げていったことで、同じ時代に戦う選手たち、あるいは次世代の選手たちに「自分たちもやれる」という自信が芽生え、日本バドミントン界のレベルが飛躍的に向上したと考えられる。

 9月11日から6日間、2年後の東京オリンピックの会場としても使用される調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた「ダイハツ・ヨネックス・ジャパンオープン2018」。女子ダブルスではフクヒロペアが初優勝を遂げ、永原・松本組も8強に名を連ねた。しかし、第2シードとして臨んだタカマツペアは中国の若手ペアに初戦で敗れ、「今のままでは(オリンピックに)出られないというのが正直なところ。もう今は日本人に勝つことを目標にした方がいいかもしれない」と危機感を募らせた。

 16ペアによって争われる東京オリンピックのダブルスは、基本的に出場枠が1ヶ国および地域から2組に限られている。今、世界ランキングの上位10位までにいる日本勢5組のうち、少なくとも3組はオリンピックのコートに立つことさえできない。当の選手たちにとっては気の休まらない、過酷な戦いが続くことになるが、それが日本チームとして高いレベルを維持させる策に他ならない。

 国内の代表争いが熾烈な女子ダブルスは、いまや日本の柔道や女子レスリングのような潮流になりつつある。これが本当の意味で日本の「お家芸」になったとき、タカマツペアがリオでもたらした歓喜を、私たちは2年後の東京でも味わうことができるはずだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン