• TOP
  • ライフ
  • 平成の名作野球漫画 『ダイヤのA』『MAJOR』『グラゼニ』

ライフ

2018.10.14 16:00  週刊ポスト

平成の名作野球漫画 『ダイヤのA』『MAJOR』『グラゼニ』

沢村の武器は出どころが見づらい腕の振りからのクセ球 (C)寺嶋裕二/講談社

 本誌・週刊ポストで実施した読者1000人を対象とした「好きな野球漫画」アンケート。見事トップに輝いたのは、野球漫画の金字塔『ドカベン』(水島新司)だった。トップテンに数々の名作漫画が並ぶなか、第6位『ダイヤのA』(寺島裕二/講談社)、第8位『MAJOR』(満田拓也/小学館)、第10位『グラゼニ』(森高夕次・アダチケイジ/講談社)と、平成以降の連載漫画がランクインした。

『ダイヤのA』は、部員100人を超す名門高校で主人公の沢村栄純が切磋琢磨しながら全国制覇を目指す本格高校野球漫画。現実世界における名門高校にありがちな越境入学や、スポーツ推薦、さらに他の野球漫画なら1コマ程度で終わる春季大会の試合描写までもが丁寧に描かれている。主人公の沢村の存在が時折薄く感じるほど、個性的なキャラクターが多いのも特徴。

『MAJOR』は、プロ野球選手の父・本田茂治を不慮の事故で亡くした吾郎が主人公。父の同僚で親友の茂野英毅に引き取られ、メジャーを目指すため野球を始める。

 幼少期から弱小チームで獅子奮迅の活躍をする吾郎。日本のプロ野球をすっ飛ばして米国のトライアウトを受け、3Aから苦労の末メジャーへと這い上がる。そんなアメリカンドリームのような物語や、情熱的な吾郎の姿が若者層に受け、高校球児に最も読まれている野球漫画のひとつ。心に刺さる名言が多いのも特徴。

『グラゼニ』の主人公・凡田夏乃介は、高校ドラフト最下位でプロ入りした8年目の左腕サイドスロー。主に中継ぎのワンポイントをまかされている。26歳で年俸1800万という低さに不安を抱き、常にカネについて考えている。

 年々歳を重ねていく凡田投手の選手生活が毎シーズン描かれ、そこから「カネ」というプロ野球のシビアな世界を覗くことができる、今までになかった意欲作だ。

 ちなみに、名作野球漫画アンケートのトップ10は以下の通り。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス