スポーツ

巨人 桑田真澄氏や槙原寛己氏はなぜコーチになれないのか

今夏の甲子園、レジェンド始球式に登場した桑田真澄氏(写真:時事通信フォト)

 今シーズン限りで高橋由伸監督が退任し、来シーズンから原辰徳監督が復帰する読売ジャイアンツ。10月22日に新コーチ陣が発表されたが、注目を集めたのは、投手総合コーチの宮本和知氏、内野守備兼打撃コーチの元木大介氏の抜擢だ。ともに現役引退後、初のコーチ職となる。野球担当記者が話す。

「元木氏は現役時代から“クセもの”と長嶋茂雄監督から呼ばれていたように、野球センスが高く、一度ユニフォーム姿を見たいという待望論があった。宮本氏は野球解説者というよりバラエティ色が強く、『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ系)の人気コーナーである『プロ野球熱ケツ情報』を担当。投手コーチとしての手腕は未知数です」

 宮本氏は1997年に引退しており、実に22年ぶりの現場復帰となる。ただ、巨人のコーチ人事に関しては、多くのファンが疑問に思っていることがある。

 宮本氏より選手時代の実績があり、1990年代に斎藤雅樹氏とともに三本柱と呼ばれた槙原寛己氏や桑田真澄氏が、なぜ巨人のコーチに呼ばれないのかということだ。

「槙原氏は1993年オフにFA宣言(結果は残留)したことで、巨人から移籍する意志を示したと球団に捉えられています。桑田氏は2006年シーズン中に自ら退団を発表し、原監督を困惑させた過去がある。巨人というチームでは、一度、自分から出ていくと戻ることは難しい。FAで巨人から横浜に移籍した駒田徳広氏も同様でしょう。同じFAでも、ヤンキースに渡った松井秀喜氏のような国民的スターになると話は別ですが……」

 もちろん、例外もある。今季、2軍を優勝に導きながらも、実質的に解雇された川相昌弘・前2軍監督は2003年、引退を発表し翌年からの1軍コーチ就任することになっていた。しかし、原監督が突然辞任。2004年から、折り合いが良くないとされていた堀内恒夫監督が就任することもあり、川相氏の処遇が宙ぶらりんに。シビレを切らした川相氏は引退を撤回し、中日に移籍。2006年までプレーし、翌年から中日のコーチに就任している。

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン