• TOP
  • ライフ
  • 高齢者の排泄トラブル、「その話題に触れるな」オーラが出てくる

ライフ

2018.10.29 16:00  女性セブン

高齢者の排泄トラブル、「その話題に触れるな」オーラが出てくる

 先日は、デイサービス主催のバスツアーに参加するというので、思い切って軽失禁用パッドの試供品を勧めてみた。

「長時間バスに乗るときとか、みんな使うんだってよ。別に使わなくてもいいけど…」

 つい及び腰で差し出すと、「これ、何かしら? 持って帰ってちょうだい!!」と、いつになく声を張り上げた。

 やはり母自身も気にしているのだ。私の不安は募り、ケアマネジャーに打ち明けた。

「案外、身近な娘さんには言えないものよ。無理に踏み込まない方がいいかも」

 尿もれを自分で処理しきれなくなると、部屋や衣類がにおって、すぐにわかるという。

「私たちから世間話としてケア用品のことも伝えて、部屋のにおいもチェックしますね」と請け負ってくれた。他人の方がスムーズなこともある。母のプライドと乙女心はひとまず、ケアマネジャーに預けて見守ることにした。

※女性セブン2018年11月8日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス