国内

最新国内記事のRSS

懲役15年・泥酔女性連れ去り男の告白「外に出たらまたやる」

2018.11.06 16:00

 刑法犯の検挙人員が年々減少を続ける一方、再犯者率の上昇が問題視されている。なかでも注目されているの

 刑法犯の検挙人員が年々減少を続ける一方、再犯者率の上昇が問題視されている。なかでも注目されているのが性犯罪者の再犯である。平成27年版犯罪白書によれば、再犯者の中でも性犯罪を繰り返す者の割合は67.4%と高い。性犯罪の再犯については、刑務所内での認知行動療法に基づく指導の強化や出所後の医療行為による治療などが議論されているが、まだ効果的な対策は確立されていない。11月6日、横浜地裁で、電車内で寝込んだ女性を自宅アパートに連れ込んで監禁した罪などで懲役15年の判決を受けた男が、接見を重ねたフリーライターの高橋ユキ氏に語っていた言葉からは、対策の難しさが浮き彫りになる。高橋氏がリポートする。

 * * *
 横浜拘置支所の面会室。ここに「出たらまた絶対にやってしまう」と繰り返す男がいる。

 その男、栗田良文被告(36)が神奈川県警・相模原署に逮捕されたのは2016年の6月。酔って電車内や駅構内で寝込んでいた女性を、介抱するフリをして睡眠薬を飲ませて自宅に連れ帰り、わいせつ行為を繰り返していた。女性たちは電車や駅のホームで酔っ払っていたはずが、気づいたときには見知らぬ男の家にいたのである。最終的に9人の女性に対する強制わいせつや監禁、準強姦や強姦などの罪で起訴された栗田被告だったが、一連の行為は「セックス目的」ではなかったと主張した。では、何が目的だったのか。それが明かされたのは、同年9月に横浜地裁で開かれた初公判の罪状認否のときだった。彼は消えそうな声でこう述べたのだ。

「目的は髪の毛を触るってことで……そこの事実を変えることはできない」

 弁護人も冒頭陳述で驚くべき事実を明かした。

「彼は18歳から33歳まで働きながら、女性の髪の毛を触りたいと、土日になっては女性を探しに行って、自宅に連れ帰り、髪の毛を触るということをもう何百回もずっとやっているんです。それが実態です」

 髪の毛への執着? 私は栗田被告に直接話を聞くため、約10ヶ月にわたり、横浜拘置支所での面会取材と文通を重ねた。身長180センチ近い大柄な栗田被告は、肩まで伸びた髪をゴムで無造作に結び、口を尖らせて喋る。何度か面会すると、私との会話に慣れたのか、敬語を使わなくなった。見る人によっては“ニヤけている”と思うような笑顔を見せる。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP