スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

『探偵ナイトスクープ!』の競艇少年 15年を経てプロ選手に

2018.11.07 11:00

 局長・西田敏行が号泣した物語が現実となった──。関西で人気のバラエティ番組『探偵ナイトスクープ!』

 局長・西田敏行が号泣した物語が現実となった──。関西で人気のバラエティ番組『探偵ナイトスクープ!』(朝日放送)で15年前に「天才競艇少年」と紹介された6歳の少年が、プロのボートレーサー(競艇選手)としてデビューする。

 ボートレースの数原魁(かい)選手(21)が11月8日に尼崎競艇場でデビュー戦を迎える。生家の近くに尼崎競艇場があり、幼くして競艇に魅せられた数原少年は、2003年『探偵ナイトスクープ!』に「ボートに乗ってモンキーターンがしたい」と依頼し、同番組に採用された(放送日は同年6月13日)。

 当時ディレクターだった朝日放送の梶原英明氏はこう振り返る。

「彼と会ってその知識と情熱が伝わり、僕らもおもちゃのボートに乗せてお茶を濁すのではなく、ちゃんとした本物のボート、本当の会場(尼崎競艇場)で、レース形式でやろうということになりました」

 数原少年がやりたいと依頼した「モンキーターン」とは、競艇でコーナーを回る際の高等テクニック。高速で旋回する艇上で立ち上がって外側に体重を移動させる動作が枝の上に立つ猿の姿に似ていることに由来する。転覆の可能性もあり、時速80km超で走るボートの上で立ち上がることは、かなり恐怖を覚える操縦である。

 当時、安全上の問題から「子供が乗るのは難しい」と競艇場職員は難色を示したが、数原少年は「写真を見ただけで選手名をフルネームで言える」と “競艇愛”を猛アピール。尼崎競艇場の競技委員長に直接掛け合い、「教官のOKが出れば」という条件を引き出した。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP