• TOP
  • スポーツ
  • 日本一から遠ざかるセ・リーグ パとの差はどこから生じた?

スポーツ

2018.11.11 16:00  NEWSポストセブン

日本一から遠ざかるセ・リーグ パとの差はどこから生じた?

日本シリーズは今年もパ・リーグの勝利に終わった(時事通信フォト)

 今年の日本シリーズはソフトバンクが広島を4勝1敗1分で破り、2年連続の日本一に輝いた。2010年代に入ってから、セ・リーグが日本一に輝いたのは2012年の巨人だけ。他の8年間はパ・リーグが覇権を奪っている。野球担当記者が話す。

「シーズン成績でいえば、2010年は3位のロッテが1位の中日に勝っているし、今年も2位のソフトバンクが1位の広島を圧倒した。甲斐拓也の盗塁阻止が話題になりましたが、パ・リーグの選手はあの強肩をかいくぐってきた。セ・リーグは6球団が団結して何らかの対策を練らないと、このままパ・リーグに置いていかれますよ」(以下「」内同)

 1980年代から2000年代まで、セとパの日本一比率は半々だったことを考えると、この10年で両リーグの差が一気に拡がったと考えられる。DH制の有無やドラフトで有望選手が入る確率の高さなどが指摘されている。

「もちろんそれもあるかもしれませんが、やはり選手の育成に力を入れている点が一番でしょう。たとえばソフトバンクは育成に豊富な資金を投入して『3軍制』を敷き、ファーム施設も日本最高クラスと評価も高い。そんなソフトバンクに引っ張られるように、他球団も負けじと設備投資やドラフト戦略に力を入れている。相乗効果で強くなっているのでしょう」

 思い返せば、パ・リーグはセ・リーグに追い付き追い越せで、さまざまなアイディアを練ってきた。1965年から1973年まで巨人が9年連続日本一という前人未到のV9を果たす。当時のパ・リーグの球場には閑古鳥が鳴いており、目算発表にもかかわらず、1965年の1試合平均観客動員数は5956人。セ・リーグの14885人の半分以下だった。危機感を抱いていたパ・リーグは、1973年に前後期制を導入。その年、初めて1万人を超えた。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス