• TOP
  • ライフ
  • 小倉智昭氏手術で注目 人工膀胱や人工肛門生活の実態

ライフ

2018.11.14 11:00  週刊ポスト

小倉智昭氏手術で注目 人工膀胱や人工肛門生活の実態

膀胱摘出手術を受ける予定の小倉氏

 医療は日々進歩を続け、かつて“不治の病”とされた病気でも、命が助かる可能性は広がっている。それは、これまでなかった「治療後の人生」を送る人が増えることも意味している──。

「膀胱がんを根治させるためには全摘してください、とお医者さんから言われているんで、手術を受けることにしました」

 11月5日の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、小倉智昭氏(71)はそう告白した。検査入院ののち、11月下旬にも膀胱摘出手術を受ける。

 全摘手術を受けた患者は、膀胱の機能を“人工物”で代替する。尿の“タンク”である膀胱は排尿に不可欠だからだ。しらはた胃腸肛門クリニックの白畑敦院長が解説する。

「膀胱を全摘出した場合、尿管を残せれば、腸などの組織を使って袋状の『代用膀胱』を作るケースがあります。見た目には何の変化もなく、お腹の上から手で押すなどして“膀胱”を圧迫し、排尿します」

「人工膀胱」は、尿管などを腹部に開けた穴につなぎ、排泄口を造設する方法だ。

「“ストーマ”と呼ばれる排泄口の外に、パウチと呼ぶビニールの袋を取り付けます。尿意は覚えず、自然に尿が排出される。数時間に1度、トイレでパウチの中身を捨てます」(同前)

関連記事

トピックス