• TOP
  • スポーツ
  • 女子プロゴルフ若手トップに躍り出た松田鈴英の最大の弱点

スポーツ

2018.11.27 16:00  週刊ポスト

女子プロゴルフ若手トップに躍り出た松田鈴英の最大の弱点

寝る子は育つ?(時事通信フォト)

 女子プロゴルフツアーは、「大王製紙エリエール・レディス」(11月15~18日)の終了時点で来年のシード権(賞金ランク50位以内)が確定。この試合の最終日には、優勝した勝みなみの他、松田鈴英(20)とアマチュアの上野菜々子(18=東海大仰星高3年)が顔を揃え、19.33歳という過去最年少の平均年齢最終組が話題となった。

 この試合が象徴するように今季の女子ツアーは、勝と同じ1998年生まれの「黄金世代」の活躍が目立った。

 来季初シードを獲得した11人の中にはツアー1年目の小祝さくら(ランク8位)、松田(10位)、勝(11位)のほかに、今年4月の「サイバーエージェント・レディス」で初優勝した新垣比菜(22位)に加えて今年合格でデビューした原英莉花(37位)や大里桃子(49位)の名が見える。

 そんな中でゴルフメーカーが“ドラフト1位”で注目するのが松田だ。小柄な選手が多い中で167センチ、54キロの長身で8頭身の小顔美女はひときわ目立つ。

 名が広まったのは11月の伊藤園レディス2日目で単独首位に立った時だ。

「試合の時はいつも午後7時には床に就き、朝までぐっすり目を覚まさない。寝れば寝るほどいい成績が出せる、寝た分だけ力になると“豪語”して記者たちを驚かせた」(担当記者)

関連記事

トピックス