国内

眞子さま、婚約延期も職場では「結婚します!」と幸せオーラ

職場で「結婚オーラ」が出ているという眞子さま(時事通信フォト)

 秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)と小室圭さん(27才)との婚約延期が今年2月に発表されてから、9か月以上が経っているが、眞子さまは心変わりされていないようだ。

「つい先日、眞子さまと仕事でお会いする機会がありました。普段からテキパキと仕事を進められる方なので、仕事仲間からの信頼はとても厚い。ただ、結婚の延期や、それについての報道をまったく意に介していないような雰囲気で、どちらかというと“もうすぐ結婚します!”という幸せオーラを漂わせていることには、驚きもありました」(眞子さまの知人)

 秋篠宮さまは皇族の中でも、「公」と「私」をはっきりと区別されることを望まれる傾向が強い方だといわれる。そもそも、秋篠宮ご夫妻も、自由な恋愛を経て結婚されている。

 そのような両親の下で育った眞子さまが、「降嫁して一般人になるのに、なぜプライベートな結婚について周囲からいろいろと言われるのか」と意に介されないのも、理解できる。

 ただ、その“プライベートな結婚”には「公」の要素が強いことも確かだ。先日、結婚した絢子さんには結婚一時金として1億675万円が支給された。眞子さまの結婚の際には、それを上回る1億5000万円あまりが支給される見込みだ。もちろん、その原資は税金である。

「いくら降嫁して一般人になるとはいえ、一般人同士の結婚とは大きく異なります。トラブルについて何も説明しない小室さんへの不信感は、今後の皇室のあり方にも大きな影響を与えかねません」(皇室ジャーナリスト)

 そうした状況にあっても、小室さん親子は、それぞれのペースを崩していない。

 小室さんは相変わらず米ニューヨークでのセレブ留学生活を続けている。その厚遇ぶりは、宮内庁の抗議によって大学のホームページからはその文字が消されたものの「プリンセス・マコのフィアンセ」と呼ばれるのにふさわしい“ロイヤル待遇”といえる。

 母親の佳代さんは、横浜の自宅に引きこもるようにして暮らしているそうだ。近所でその姿を目撃する人はほとんどいない。それでもなお、警察は周囲を警備し続けていて、夜になるとパトカーが周囲を警戒する。無論、それらの費用は税金でまかなわれている。

「所轄の警察では、“いつまで警備を続ける必要があるのか”という疑問の声も聞かれます」(警察関係者)

 結婚問題に結論が出るまで、延々と自宅周辺の警戒・警備は続くのだろうか。留学への出発直前、所用があって小室家宅を訪れた関係者に、小室さんは何度も繰り返し、こう言い放ったという。

「個人情報の扱いは大丈夫ですか。絶対に漏らさないでくださいよ」

 ピタリと隣に寄り添っていた佳代さんもこう念押ししたという。

「あなた、わかってるんでしょうね」

 そう「超厳戒」ですごまれた関係者が、親子に複雑な気持ちを抱きながら小室家を後にしたのは、言うまでもない。

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン