スポーツ

FAの人的補償、2005年を転機に急増し始めたワケ

西武入団会見で渡辺久信SD(右)と握手する内海哲也(写真:時事通信フォト)

 まさかの生え抜き放出となってしまった──。2000年代後半から2010年代前半にかけて、原辰徳監督の元で6度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献。最多勝2回、奪三振王1回を獲得し、長年巨人を支えてきた内海哲也が、FA加入の炭谷銀仁朗の人的補償として西武に移籍する。今年4年ぶりの完封を挙げて来季の完全復活が期待され、若手からも慕われていたベテラン内海の移籍は衝撃的だった。野球担当記者が話す。

「最初から内海を放出する形になっても炭谷を獲りたいという戦略だったのであれば、問題はない。しかし、今の巨人には安定感のある左の先発が不足している。メルセデスや今村信貴は後半戦活躍したが、来年成績を残せるとは限らない。田口麗斗が復活する保証もない。実績のある内海は残しておきたい戦力だったはず。

 来季の巨人は阿部慎之助が捕手に復帰。レギュラーの小林誠司、1年目の今年非凡な打撃を見せた大城卓三がいる中で、敢えて炭谷を獲る理由は当初から疑問視する向きもあった。FAを抜きにした場合、巨人は炭谷と内海のトレードを西武に申し込んだかと言えば、疑問でしょう」(以下同)

 いずれにせよ、内海は来季、新天地・西武での再スタートとなる。

 1993年オフに施行されたFA制度だが、当初は人的補償による移籍はほとんどなく、2004年まではわずか3例だった。それが2005年以降は今回の内海を含めて22例に上る。なぜ、急に活発化するようになったのだろうか。

関連記事

トピックス

幅広い世代を魅了する綾瀬はるか(時事通信フォト)
《SixTONESジェシーと真剣交際》綾瀬はるかの「塩への熱いこだわり」2人をつなぐ“食” 相性ぴったりでゴールインは「そういう方向に気持ちが動いた時」
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン