• TOP
  • ライフ
  • 野村克也氏と田原総一朗氏が語る「妻への愛」のかたち

ライフ

2018.12.24 11:00  週刊ポスト

野村克也氏と田原総一朗氏が語る「妻への愛」のかたち

2人は固く手を握りあった

“生涯の伴侶”を失った時に、男は残りの人生をどう生きればいいのか。2004年に、6年近いがん闘病の末に節子夫人を亡くした田原総一朗氏(84)と、45年連れ添った“サッチー”こと沙知代夫人を突如失って1年が過ぎたばかりの野村克也氏(83)が、「男おひとりさまの老後」を語り合った。

田原:沙知代さんは突然だったんですか。

野村:突然も突然でしたね。俺がリビングでテレビを見ていたら、ダイニングにいたお手伝いさんが「奥様の様子がおかしい」と呼びに来たんです。慌てて行くと、テーブルにつっ伏してうずくまっていた。背中をさすって「大丈夫か」というと、いつもの調子で「大丈夫よ!」と返ってきたんです。

田原:話せたんだ。

野村:でも大丈夫じゃなかった。すぐに救急車を呼んだけど、タンカを持った隊員が入ってきた時にはもう息がなかった。

田原:持病はあったの?

野村:いや、病気で寝込んだのも見たことがなかった。

田原:うちは乳がんを患って、5年10か月の闘病の末、亡くなりました。がんがわかったときには、医者から「余命半年」と言われましたが、頑張った。ずっと私が看病してました。

関連記事

トピックス