国際情報

キャサリン妃を泣かせた! 英でメーガン妃バッシングに拍車

キャサリン妃を泣かせたメーガン妃(Ph:Getty Image)

 2018年は英王室に祝い事が続いた年だった。4月にキャサリン妃(36才)が第3子を出産し、5月にはヘンリー王子(34才)とメーガン妃(37才)が結婚式を挙げ、10月にはメーガン妃が妊娠を発表。春には出産予定だ。

 しかし今、英王室は「ダイアナ妃死去以来の王室危機」といわれている。英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんが語る。

「現地ではキャサリン妃とメーガン妃の不仲報道が過熱しています。出産後にメーガン妃は、ロンドンにあるケンジントン宮殿内の、ウイリアム王子(36才)とキャサリン妃が住む部屋の隣室に引っ越すと思われていました。しかし先日、宮殿の広報はロンドンから約50 km離れたウィンザー城のフロッグモア・コテージに引っ越すと発表。コテージは育児室がないのでリフォームが必要ですし、宮殿はキャサリン妃が近くにいるので何かとアドバイスがもらえたはず。11月25日の現地紙『デイリーメール』が『なぜ2人はウィンザー城に移るのか』と疑問を呈したのが発端となり、国民の関心事となっています」

 翌々日の同紙の記事が追い打ちをかけた。5月のメーガン妃の結婚式の準備で、キャサリン妃の長女・シャーロット王女(3才)のドレスの仮縫いの時、メーガン妃がドレスに厳しく注文をつけた。あまりにきつい物言いにキャサリン妃は泣き出したという。

「さらに、メーガン妃がキャサリン妃のスタッフを叱ったことがあるそうで、キャサリン妃は“私のスタッフには私が注意する”と激怒。それにメーガン妃が言い返して、大げんかになったという話もあります。前からエリザベス女王がメーガン妃をかわいがっていて、それをキャサリン妃はよく思わず、2人は距離があるといわれていましたが、今や国民の多くが王室の将来を心配しています」(多賀さん)

 こうした報道に国民は紛糾。“アンチメーガン”に傾きつつある。

「国民は“メーガン妃が入ってきてからトラブル続き”という見方が多い。結婚半年で、メーガン妃の側近が立て続けに3人退職したという報道も、バッシングに拍車をかけています」(多賀さん)

 こうした事態を重く見たのか、英王室は11月30日、「確執は事実ではない」と異例の公式コメントを発表。

「さらに、両夫妻がクリスマスに王室の離宮のサンドリンガムで一緒に過ごすことも発表されました。これに国民は“王室は焦ってるんだ”“エリザベス女王(92才)が仲のよさをアピールするよう指示したのだろう”と否定的に受けとめています」(多賀さん)

 騒動は続く。

※女性セブン2019年1月3・10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン