• TOP
  • 国内
  • 暴力団の下請け化する半グレ集団 警察が敷く包囲網

国内

2018.12.30 16:00  NEWSポストセブン

暴力団の下請け化する半グレ集団 警察が敷く包囲網

「半グレ集団というよりは、完全にヤクザの下(請け)になったわけだから、上(のヤクザ)の意向に沿った行動しかできない。ヤクザ同士のもめごとがあると、末端要員として駆り出されるし、キャバクラのボーイとかスカウトみたいなシノギをやって、上納金も支払わなければならず…。今の半グレは、それでも自分は“ヤクザじゃない”と思っているようですが、考えが甘い。中には、暴力団ではないことを逆手にとりつつ、自身のバックには暴力団がいるんだと匂わせて人を脅す奴だっています。義理とか人情、仲間同士の結びつきなんかどうでもいいという、単なるお調子者の若い奴が多い印象です」(X氏)

 さて、条例や法律によって厳しく活動を制限されてきた暴力団と同様に、一般人以上暴力団未満という半グレの活動をこのまま放っておくわけがない、というのが当局の本音である。前出の新聞記者は、半グレが実質的に暴力団と同等かそれ以上の存在感を持って幅を利かせている現状がある以上、現行法の解釈拡大等によって、間もなく半グレも厳しく活動を制限されるはずとみている。しかし、そこには新たな問題点もある。

「暴力団の代わりだった半グレを、当局はいよいよ本気で潰そうとしています。そうすると当然、半グレに変わる集団が現れるはずです。最近は、そこに一般人が加わってしまうという傾向がある。例えばオレオレ詐欺の受け子や薬物の運び屋などは、ヤクザや半グレより一般人にやらせた方がリスクも少なく、ネット掲示板などで“日払い”や“高給”と謳って募集をすれば、人材は簡単に調達できる。暴力団から半グレ、そして一般人へと犯罪行為にかかわる当事者が変わってくると、いざ何か犯罪行為があったときに、取り締まりしづらかったり、悪の大元がわからなくなったりする恐れもあります。半グレの規制は必要かもしれませんが、是々非々なんです。」(大手紙大阪社会部元記者)

「この世に悪の栄えたためし無し」などといわれる一方で、悪人たちが絶滅したことも、有史以来一度もない。暴力団や半グレを潰しても、悪いことをする連中がいる、という事実がある以上、その代わりになる存在は必ずや生み出される。わかりやすかった「悪の仕組み」は、国家権力や正義の市民達と攻防を経てその形態を複雑化させ、地下に潜り、ついには一般市民を身代わりにし始めたということなのだ。

関連記事

トピックス